« 今週の出撃 ~四国進撃~ 1日目 鳴門のうずしお | トップページ | 今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その2 道後温泉  »

2006年8月 9日 (水)

今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その1 大歩危・小歩危

昨晩の就寝時間が早すぎたので、5時半に起床です。
P1020230  出発前にパチリ。時間は6時です。十分に明るいですね~

*大歩危・小歩危 http://www.west-miyoshi.com/
大歩危・小歩危は2億年もの時を経て、四国山地を横切る吉野川の激流に結晶片岩(けっしょうへんがん)が削られてできた渓谷です。
この辺りは四国山脈を越えるときに必ず通らなければならない場所で、崖が切り立ち、川の流れも速く、古くからの難所として有名です。そこで、「大股で歩くと危ない」という意味で「大歩危」、「小股で歩いても危ない」という意味で「小歩危」と呼ばれるようになりました。

①児啼爺 の碑
「ゲゲゲの鬼太郎  *初期題は墓場の鬼太郎」に出てくる 「子なき爺」は こちらの地域の古くから伝わっています。 つまりここが誕生地です。
P1020233

②大歩危・小歩危
結晶片岩が水蝕されてできた渓谷です。
P1020236


③祖谷のかずら橋

平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にあるかずら橋。シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。 昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。3年毎に架替えが行われる。(国・県指定重要有形民俗文化財)
P1020250 
これはかなりキテマスw (注意 ここは出口です。実際はの入り口は逆です)

P1020245 P1020247 足元も隙間が大きいので、これは凄いw
P1020248 橋の横の景色を見ると、絶景!
ちなみにこちらの営業時間は、 (日の出から日没まで)になっていますw

橋の近所に、(琵琶の滝)もあります。

④ホテル祖谷温泉
ここの温泉は凄いです。 何故なら 
露天風呂へは、ケーブルカーで往復 します。
なにはともあれ、写真でどうぞ。
P1020258  これがホテル側(駐車場より)
P1020260 ここの谷底が、温泉ですw
P1020263 暫く待っていたら、ケーブルカー登場。
P1020265 ケーブルカーの運転は、自分で行います。 ポチっとな(爆)
P1020273 湯船からの景色は、こんな感じです。

いやーここは凄い。 1回は泊まって見たいですね。

⑤小便小僧
祖谷街道中一番の難所といわれる七曲にあり、谷底まで200mの高さがある。祖谷街道開設工事の爆破作業の時に残ってできた岩です。
その岩の上には、かつて地元の子供達が度胸試しをしたという逸話にちなんで作られた、小便小僧が立っている。
P1020276
実際ここから小便をしたら、勇者ですが 通報されかねないので断念w
P1020275
風が吹いたら、落ちかねない。 チ○ポ出したままの死体は、間抜けw

さあ とりあえず 次の目的地に向かいます。

おっと 道路工事の誘導員バイトらしき 地元のヤンキー姉ちゃんがなんかいっているぞ?

「今 工事中ですので、10時まで待ってください♪」

時計を見ると、5分程度なのでいいですかと。

せっかくなので、汚いフロンドガラス・ヘッドライトを雑巾掛けw

ふと横を見ると 工事の看板があったのだがP1020277

通行できるのって、 1時間のうち 10分だけじゃん(爆)
*道がかなり狭いので、Uターンは不可能でしょう。

こんなところでも、悪運が強いようです(謎)

|

« 今週の出撃 ~四国進撃~ 1日目 鳴門のうずしお | トップページ | 今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その2 道後温泉  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その1 大歩危・小歩危:

« 今週の出撃 ~四国進撃~ 1日目 鳴門のうずしお | トップページ | 今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その2 道後温泉  »