« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

今週の出撃(敦賀のソースカツ丼→酷道477号)

昨晩、会社の後輩の佐々木君と晩飯を食った際、

「明日の昼飯は、敦賀のヨーロッパ軒に行きましょう」

と急遽決定しました。

本来、当方のBLITZENで行くはずが、昨日のバカな動きの為 足が非常に痛いので 
佐々木君のBMW3シリーズでの出撃です。

①敦賀 その1 (敦賀原子力館
当方は、昨年末に行ったのですが  当時の思い出して
原子力館員(SIPさん Seagulls In Port =海のかもめたち)のお姉さまが
非常に (・∀・)モエッ でした。

その話が大きくなり、行った次第です(←βακα..._φ(゚Д゚ ) ) 

②敦賀 その2 (敦賀ヨーロッパ軒
昼飯は、やはり 敦賀名物(ソースカツ丼)に限ります。
何回食べても、非常に美味です。

③敦賀 その3 (ヤマトタカハシ 昆布館
とろろ昆布などの加工工程を見学できますし、敷地内工場製の各種昆布の商品を
購入できます。
ちなみに、来る途中 某道の駅で (粗品進呈券)をGETしていたので、
昆布飴セット(非売品)を頂いて来ました♪

ここは、観光バスのルートにも入っているようで、かなりにぎわっています。
試食も大量にできるので、お勧め!

④京都への帰途 その1(滋賀県道 295号線)
帰り道は、 国道8号→国道161号 で帰るのですが、やはり(夏休み最後の日)の為

高島市に入ってから、激混み。 ちなみに、動きは完全STOPヽ(;´Д`)ノ

このまま進むと、恐らく3時間以上掛かる恐れがあるので、 鯖街道(国道367)に脱出です。
脱出する為には、滋賀県道295号を使います。 ここはいいですね。

P1020670振り返って見る  *車が外車だと、ここは外国に見えるw
P1020671前方   こんな道です。

P1020675 少し進むと、地元の(トラクター)に接近。 すんません。

P1020676 P1020677 さあ!盛り上がってきました(爆)

④京都への帰途 その2(高島市・朽木の 宝牧場)
せっかくなので、 宝牧場 に寄りました。
ここの 牛乳やソフトクリーム はいいですよ~
P1020678 牛さんをパチリ

⑤京都への帰途 その2(酷道477号)
せっかく 国道367号を通って帰るのなら、 やはり

酷道477号を通らねば勿体無い(爆)

今回 佐々木君が 百井峠 初体験なので行ってもらいましょう。
P1020679 P1020680 まずは、 傾斜角18度の前ヶ畑峠で、小手調べw

ここで、離合発生。 
これは運が良いです。 ここで離合と言う事は、これから先 

離合の確立が大幅に下がる と言う事になりますw

P1020682 お約束の、百井の集落で記念写真。
地元の方より、 また「バカが来やがった」と暖かい視線を頂きました(爆)

P1020686 百井の地蔵とBMWの、素晴らしいコラボレーション

P1020688 お約束の 「百井別れ」での記念写真をパチリ

⑥京都への帰途 その3(円通寺近所の、傾斜角25度の坂)
P1020691
自転車で行ったほうが面白いですね。 そろそろ行きたくなってきたw

その後、自宅へ帰りましたが 高島市(国道161号)より 2時間半で帰ってきたので
渋滞にはまって来るより、格段に楽しく帰宅できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

今週の出撃 (ジョギング→登山?→銀閣寺)

(注意:京都を知らないと、この馬鹿さ加減は判らないw)

8月26日(土)

日焼けの肌の定着(?)をしたくなった為、近所にあります
京都 東山自然緑地ジョギングコース
を走る事にしました。

①ジョギング・スタート
当日は、朝7時より恒例の洗車大会を行い 朝食後 9時よりスタート!
しかし、自転車の調子が悪いので 予定変更しジョギングです。

丁度1時間程走ったでしょうか? どうも物足りない。
御陵封ジ山町(琵琶湖疎水地表側終点)の辺りで、

(南禅寺はこちら 山道キツイ)
という(手書き看板)を発見したので、迷わずGO!

②九条山・登山開始→南禅寺へ
ここは結構キツイ山の中(九条山)を登り、日向大神宮に到着!

道中(京都一周トレイル)に合流するので、

ハイキングの方々

と遭遇。 しかし、皆さんは 「ハイキングのフル装備」です。
当方は、ジョギングなので
 「カーゴパンツの短パン&Tシャツ」
と山を舐めた格好です(爆)

さらに進むと、 南禅寺に到着!

③哲学の道→銀閣寺
せっかくここまで来たのであれば、
哲学の道→銀閣寺 まで行かねば勿体無いw

④毘沙門堂→帰宅
その後、歩いて帰ってきて 毘沙門堂 に寄ってきました。

結果 9時出発 → 14時帰宅

5時間も休憩無しでいたので、日焼けもでき満足w

PS ジョギング目的で出かけたので、デジカメどころか(小銭=600円)しか無いので、
  昼飯は自宅でΣ(´д`;*)
  再度デジカメを持って、週末再チャレンジかも?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月23日 (水)

(京都発)夏の終わりを告げるイベント「地蔵盆」

長い夏休みも終わりにさしかかった頃に、最大で最後のイベント「地蔵盆」が各地域で行われます。
みなさんは、この「地蔵盆」についてご存知ですか?
私が住む阪神間でもこの時期になると、近所にまつっているお地蔵さんがおしゃれに
着飾ってもらっています。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきました。
また、北陸地方や新潟、信州では長野市周辺で盛んに行われていますが、
東海や関東には、ほとんどないそうです。
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20040810A/index.htm
(All Aboutより http://allabout.co.jp/ )

うむ~ 上司に聞いて知りましたが、当方関東出身なので初耳です。
幸い近所で行っていたので行ってみました。

場所は「徳林庵」ですが、道中(旧三条通り)が激混みw
とりあえずお参りです。
P1020665 P1020666 P1020667

本当は周辺も撮りたかったのですが、今のご時世ですと

出歯亀 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E6%AD%AF%E4%BA%80

と勘違いされますからね(爆)

また周辺で、地元の方による
第23回 平和のための戦争展 を開催していました。
主に、核廃絶を訴える内容で 広島・長崎関連のパネルの表示が主です。
下記は、

リトルボーイ(1発目)の目標が京都! 

であった説明です。
P1020668 いつも自転車で動いている範囲が、壊滅ゾーン。

また気なる物がありました。

当時の教科書に載っていた物だそうですが

P1020669 マニアな方へのサービスです。

あえてコメントは避けますが、下記を思い出しましたw
http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/nanka.swf

今回の地蔵見て思い出したのですが、
百井峠の地蔵 http://blitzen.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_a075.html
も本日は人が多いんですかね~
もっとも、余り多いと「酷道」が「地獄道」になるかと(爆)

(参考)京都の8月の行事
http://www18.ocn.ne.jp/~kaze001/kyoto_gyouji/2006_08_gyouji.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

今週の出撃(酷道477号)

昨日に引き続き

「できるだけ金を使わずに過ごす日」です。

とは言え、車のガソリンが空に近いので給油へ。
やはり滋賀県の某所は、安いですね。 ハイオクが143円とは!
*京都市内は、ハイオクが155円~157円と高い・・・

ここで当初は、白髭神社へ行こうと考えていましたが、道が激混みなので却下。
http://www60.tok2.com/home/nowaki/shrine/sirahige_013/sirahige01.html

そうなると、逆に人が来ない所  つまり (酷道) が最適です(謎)

と言う事で、酷道477号を目指します。
下記のHPが判りやすいです。
http://railmodel.fc2web.com/traffic/kokudou/R477/momoi/R477_momoi.htm

http://shibuya.cool.ne.jp/xr2500/mcycle/touring/r477/index.shtml

以前は、(西→東)へ抜けたので 今回は逆の(東→西)です。

まず、
①前ヶ畑峠
さすがに、道路標識で (18%の勾配)と記されているだけあり、かなりの急坂です。
本日かなり天気が良かったので、こんな所を走ってる ローディーに遭遇。
ご苦労さまです。

②百井町
お約束の場所でパチリ。 酷道の行く道は左です。
P1020654
下記は百井の地域マップです。 ナビが無いと絶対にミスコース必須です。
P1020655 

ここで、地元の方より

(こんな所へ何しに来たんだろうね~)

という声が(汗) マニアですみません(*´д`;)…

③百井峠
さあ 京都名物の 百井峠スタートです。
最初は、有名なここでもw
P1020656 酷道は直進。 左の広い道は、個人宅ですw

この辺りで、地元の方と離合しましたが さすが 上手いですね。

「また 馬鹿がきやがった」

という顔をしていましたが(爆)

P1020657 京都らしい、杉並木の道です。
P1020658 百井名物の地蔵です。(-∧-;) ナムナム
P1020659 この辺り離合はできませんw 対向車が来ないのを祈るのみ(爆)

と走り続けると終点が見えました。
P1020661
ここで写真を撮っていたら、対向車が。
見た所、地元とは思えない人だったので 酷道マニアでしょう。 
これからアタック、ご苦労様w

下記が有名な (百井別れ)です。
P1020663 酷道477号は、Uターンして奥側へ進みますw
P1020662 道路標識も紹介。
P1020664 来た道を振り返って見る。 まさに酷道w

その後、鞍馬を通って自宅へ帰還。
*鞍馬の峠で、路線バスとの離合もスリル満点♪

自宅より、往復60Km弱ですが十分楽しめる道です。
地元の方にとっては生活道路ですね。 お邪魔しました。

PS 暇なときは、献血に限ります。  やはり同じ様な考えの者が(略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

(BLITZEN)フェンダーツライチへの挑戦

本日スバルデーラーがお客様感謝デーでしたので、オイル交換を兼ねて行って見ました。
http://www.subaru.co.jp/topics/t-2006/thanks_day3/

会場でくじを引いたところ・・・
     B賞 幌布バケツ  が当たりました!
個人的に(くじ運)が良いので、良く当たりますね。
いやーこれは使える♪


さて本題ですw

先日交換したタイヤが、結構引っ張り気味ですので せっかくなので(フェンダーツライチ)の限界まで挑戦してみました。

①リア
温泉(スプリングひよし)http://www.springs-hiyoshi.co.jp/
に行きながら、一般道での干渉実験。

②フロント&リア
暑い中、現地でジャッキアップを行いました。 
周囲から見るとまさに変人w
帰りは、わざと
(京都府道50号線(京都日吉美山線)
http://railmodel.fc2web.com/traffic/kendou/kyoto_r50/r50.html
を通り 酷道での干渉実験。

1回も干渉しなかったので、これは問題ないでしょう!
フェンダーのツメ折りも、一切していないのは奇跡w

P1020650 P1020648 P1020649

PS (京都府道50号線(京都日吉美山線))で、前に走っていた 
BHレガシィは、(品川ナンバー)でした。 
久々に関東ナンバーを見ました♪
走っているペースが凄まじく遅かったので、道を譲って頂きましたが 
絶対に、ショートカットと思って(間違えて)来た可能性大ですね(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

今週の出撃 ~四国進撃~ 6日目 大阪出撃

やはり暑くて、7時頃起床です。 
SAで朝飯を食ってから、タイヤショップへ向かいます。

①カーポート・マルゼン http://www.maluzen.com/
お盆休み中でも営業していて助かりました!
いくら緊急でも、(四国のオートバックス)で 18インチの40タイヤなんて買えませんw
丁度帰り道、吹田ICの出口そばなのも助かりました。

その後、大阪の 林さんと飯を食う為 大阪へ!
林さんとは → http://www.spiral-project.com/

②お好み焼 千草
さすが大阪。 味もおいしいのは当然ですが、ビールを2本頼んでも 1人2000円!

③天神橋商店街の中の 寿司屋
普通の寿司屋(回転では無い)にも関わらず、値段が安い!
またこれも、2000円ちょいとは・・・・

その後、林さんに 左右ドア・カーテシランプに ワンオフLEDを入れてもらいました。
これで、ほぼLED化は完了です。

その後下道で京都に帰ったので、帰宅時間は23時半ですw

本日の走行距離 72Km

まとめ
5泊6日での走行距離は、1519Km です。
四国は、予想より広いので かなりの地域をPASSしたのが残念です。
いずれ何かしらの形で、再訪問したいものです。

またコースは、反時計回りの為 お遍路さんとは逆になります。
だから、相当すれ違った訳だ。

最後に総括ですが、 

「夏は 阿波踊りで決まりですな」 に尽きます(爆)

また 「にわか連・・・飛び入り参加」 はコスプレで参加すべきだ!
気が早いですが、勇者募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 5日目 その4 阿波踊り-2

さて有料席に移りましたが、場所が微妙です。

良い :放送席のほぼ後ろなので、よく見える
悪い  :木が邪魔で正面が見えにくい

P1020615 P1020617  

暫くすると、お約束の 三田村邦彦氏 登場!
*デジカメの夜間でのズームは、辛いです。
P1020621 手前の人です。
P1020625 これはまさしくw
P1020627 ご夫人に引っ張りだこですw

P1020628 団体は魅せます!
P1020629 夏場は、ぬいぐるみはきついでしょうね~

後半になると、下の方が空いたので移動です。(放送席の真横)
P1020630 P1000099 P1000100

P1020641 P1020645 この辺りはフィナーレで、凄く派手です。

結局 20時半~22時半の予定が押して、22時45分頃終了です。
帰りは、花道を通って 踊りながら皆全員(有名連含む!)で退場になります。
めちゃくちゃ楽しいw

これは、有料席の特権ですね。 
たまたま、ウチワ2枚を持っていたので助かりましたがw

22時55分頃 駐車場(徳島県庁)に戻りました。

駐車場の係りの方からは、 帰る人皆に

「お気を付けて!」 と声を掛けています。 
心使いは憎いです。w 
こういうのができるので、「阿波踊り」は遠方から皆来るんでしょうね。

と言っても、まだ帰れませんw

とりあえず向かったのは、朝も行った (乙女の温 八万温泉)へ向かいます。
本日2回目なので、勝手は知っていますw
とりあえず、露天風呂も入れる ロイヤルコースにします。
いやー 汗も流せて快適です。

さあ風呂を上ったら、帰途へ向かいます。

本日の目的地は、名神高速の吹田SAです。

到着時間は記憶では、2時半過ぎだった様な・・・

本日の走行距離 192.8Km 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 5日目 その3 阿波踊り-1

さあ 阿波踊り の時間が近くなりました。

歩道でも練習している団体もあります。
P1020578

また有名連の方も、準備しています。
P1020579

その後、早めの晩飯を食って 念の為(総合受付け)に行って見ます。
すると、有料席のチケットが余っているとの事。
1番高い指定席を1枚GET! (それでも2000円ですが)

18時になったので、お祭りスタートです。
丁度、有料席の入り口側で、場所を確保できました。
スタート地点ですので、迫力満点。
P1020580 P1020586 P1020591 P1020592

P1020601 幼稚園の出場になると、父兄が来て大変な事にw

しばらしくして、退去命令が出たので移動ですw
P1020604 有料席はこんな感じです。

P1020606 おっ! にわか連(飛び入り)登場。

P1020607  P1020610 ←固まりがこの後、散るのです! 魅せます。

時間が近くなったので、 有料席の方へ移動です 続

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 5日目 その2 阿波踊り会館

なぜ(徳島県庁)に向かったか?と言いますと

(県外ナンバーの車は、駐車は無料 12時~23時まで) なのです♪

これって何気なく感じて、凄いことだと思いませんか?
観光客誘致で、これはすごいアピールです。
駐車料金なんて、お祭り期間中は どこも 1日800円ですけど。

しかし、金額はどうでも良いのです。(京都から高速だと、往復2万は掛かりますしw)
こういう徳島県の心意気が嬉しいのです。
もっとアピールしても良いのでは無いでしょうか?

現地着くと、11時過ぎでしたが 既に10台弱待っていました。
12時にゲートが開き、駐車して 街へ繰り出します。

阿波踊り会館 http://www.awaodori-kaikan.jp/
昼飯は、現地の喫茶店に寄りましたが、 やっぱり安いです。
涼んで、市内探索です。
そこで最初に寄ったのは、阿波踊り会館 です。

①阿波踊り鑑賞
今回は、阿波踊り開催中ですので 有名連(つまりプロ)の踊りが楽しめます。
P1020566 P1020571
初めて見たのですが、メチャクチャ面白い!
ゆっくりな曲もあれば、アップテンポ(かなり速い)の曲もあり 飽きさせません。
さすがプロ! 踊りは凄い上手い! 

「ゑびす連」ホームページ→http://www1.quolia.com/ebisuren.tokushima/index.html

その後、一般の体験者が乱入し 凄い状態にw
P1020570 これはやったもん勝ちでしょうね。
入場料500円は安い。

②阿波踊りミュージアム
P1020572 ターミネーターじゃないよw 阿波踊りロボットです。
P1020574 入り口から、テンション高いです。
中に入って見ると、ほぅこれは面白い。
貴重な資料があるのは、当然ですが 昔は(阿波盆踊り)だったんですね!

阿波踊りは18時開催ですが、まだ3時間ほどあるので 荷物を置きに
一旦車に戻ります。

すると 驚愕な出来事が

タイヤがバーストしてました(爆)
P1020575_1 
写真は、左フロントを左リアにやり、左リアをテンパーに替えています。
気温が高いので、1本取られました。ヽ(;´Д`)ノ

タイヤを見ると、ワイヤーが出ているぐらい減っているのもありますが、
石か何かでえぐれています。

後から振り返ると、
「昨日の 平賀源内先生記念館で既に空気が減り気味」
「前の日、松山で給油の際 空気圧を見てもらった際 1本減っていたらしい」
「本日暑かったので、トドメを 略」
でしょうね~

とてもテンパーで、京都へ帰る勇気はありません。(実質250Kmほどあります)

そこで、BLITZENのクラブの林さん http://www.spiral-project.com/ に相談して
大阪の 安いタイヤショップを紹介してもらいました。
その後商談成立! 明日朝1番でショップへ向かうことに!
うはー まだ家に帰れない(爆)

これで問題も解決(?)したので、気兼ねなく 阿波踊りを満喫できそうです。

P1020576 BLITZEN in徳島県庁

タイヤに関しては、周囲には

(年内持たすぞ!)
(絶対無理だろw)

との押し問答がありましたが、まさか 四国の地でこうなるとは(爆)
しかし、考えを変えると

(実は 数時間暇であったw)
(盆休み後に ヤフオクで買う予定)
(高速でバーストしないのは、幸い)
(県庁駐車場で 死亡のおかげで、ホイールも無事か?)
でしょうか。 
各地でお参りしまくっていたおかげでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 5日目 その1 徳島進入

深夜 3時過ぎでしょうか? 寝ていたら、何者かに寝込みを襲われました。

そうです。 警官の職務質問です(爆)

悪いね~じゃねえよ。 こちとら疲れて寝ているんだ。 F○CK!
その後寝直しましてw 起きたら 7時過ぎです。 
日が経つに連れて、起きる時間が わかり易く遅くなります(爆)

車の前に、バイク旅行の方がいて雑談。
名古屋から来ているそうです。

さて 移動しますか。

①お遍路さん 第1のお寺 霊山寺 http://shikoku-net.co.jp/88/8801.htm
さすが お遍路さんのスタートですので、 さまざまな方が参拝しています。
P1020557入り口です。
P1020562 名物の12観音です。

なお現地でお参り後、
携帯ストラップ兼御守り
弘法大師のキーホルダーw をGET。

②阿波之里 http://www.awanosato.com/
ここは、徳島のお菓子メーカー(ハレルヤ製菓)の工場件 コミュニティスペースです。
後から知りましたが、お食事処や日本庭園もあるんですね。
寄れば良かったです。
こちらでは、クーポン券により イメージキャラクターの 狸のテーブルマットをGET!

③乙女の湯 八万温泉 http://www.jalan.net/kanko/SPT_174014.html
基本は銭湯ですので、330円です♪
1階には整体コーナー、2階には軽食コーナーもあり何でも揃うスーパー銭湯です。
高級なコースで

ロイヤルコース 塩サウナ付き 650円
ロイヤルコース サウナ付き   500円 

もありましたが、時間がないので断念。

さてさっぱりしたので、(阿波踊り)を見に行きます。
目標は、 徳島県庁 です。

PS 現在四国では下記のイベントを開催中です。
P1020560 確かに多くの ローディーを見かけた訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

今週の出撃 ~四国進撃~ 4日目 その4 あじ温泉

まだ今日は温泉に行っていないので、高松に向かいます。
高松直前に、四国最北端の温泉があります。

あじ温泉庵治観光ホテル海のやどり
http://www.netwave.or.jp/~nmimatsu/ajikankou/

通常800円ですが、割引券使用で 400円!

早速入ってみましょう。

内風呂から瀬戸内海が良く見えるので、露天も期待大です。

P1020554 おっ! 露天には、下界をさえぎる物が一切無いw

P1020551
最近 のぞき防止で、表が全然見えない所が多い中 ここは素晴らしい。
すぐ下に、民家があるのですが 苦情は来ないんでしょうか(爆)

前もって到着日時が判明していれば、泊まりたかったのですが。。残念!

またせっかくなので、ゲームコーナーを調査です。
特にレアな筐体は無く、残念でしたが スロットマシンを発見。
P1020556 ワルキューレの冒険ですので、20年ぐらい前?

晩飯場所を探しがてら、高松の中心部に向かいます。
予想より都会過ぎて、有る意味残念。 
駐車スペースも全然無いので、諦めます。

途中、セルフのうどん屋があったので 寄って見ました。
やはり安い! 

この近所には、
「映画 世界の中心で愛を叫ぶ」 に出てくる防波堤があります。
しかし、場所がさっぱりわからず 断念。

その後宿泊場所を、昼間行った
(道の駅 第九の里)へ向かいます。  http://www.city.naruto.tokushima.jp/michino_eki/index.html
*坂東の ドイツ館と同じ敷地です。

ここへ行くのには、国道11号を走り 軽いワインディングを走ります。

あれ? 何か動物がいるので 徐行です。
野犬か狼 の様です。

当初 窓を開けて、

「パン をあげるのでおいで♪ 腐っているかもしれないけどw

と声を掛けましたが皆いっせいに遠吠え開始w
少しやばい雰囲気があったので、車を降りるのは控えました。
その雰囲気を翻訳を兼ね解説。

ABEKIN 「おいで♪」

野犬達  「ワオーン」 訳:ボス!敵が来ました。 

ABEKIN  「いらんのか?」

ボス   「ワオーン」 訳:これは俺らの食い物だ! 立ち去れ!

*鳥らしき死体を、ボスが足で踏んでいるのを発見。

ABEKIN 「本当だw 悪いね~」

今回は、 水平対向エンジンの 不等調音(デロデロ)に助けられました(;´Д`)
プリウスだったら、静かすぎて襲われていたかも(爆)

現地の (動物のおともだち)との交流を深め、現地に到着しました。
確か時間は、22時半だったでしょうか?

走行距離 282Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 4日目 その3 平賀源内先生遺品館

さぬきに着たからには、やはり 

「日本のエジソン」 (平賀源内)先生の遺品館に行くしかないでしょう。

*平賀源内先生遺品館 http://ew.sanuki.ne.jp/gennai/
P1020542

学生時代に、電気を専攻した者なら 必ず耳にしている偉人です。

ちなみに日本の科学者ベスト3をご存知ですか?

1位は野口英世,2位は湯川秀樹,3位が平賀源内 です。

その為、想像より 展示スペースが小さいかな?と感じましたが
ここの遺品館は、 源内先生の住んでいた邸宅なんですね。 それなら納得です。
展示物を見ると、これは凄い!

エレキテル第1号(もう一基は東京の逓信総合博物館にあります)
は有名ですが、 電気だけで無く、さまざまなジャンルを手がけているのです。

発明家、文芸家、陶芸家、画家、本草家、企業家、鉱山家 
という才能あふれる人です。
今では、ここまで凄まじい方はいないですね。 
有る意味レオナルド・ダ・ヴィンチと同じですね!

ちなみに、友人は 杉田玄白(!)です。

平賀源内とは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E8%B3%80%E6%BA%90%E5%86%85

展示物は、撮影禁止ですので写真はありません。
それにしても、 解体新書(杉田玄白)の本物を見たのは初めてです。

エレキテル(複製)を、触ることもできます。
P1020523 P1020524

こちらは 旧邸宅ですので 案内図がありました。
P1020531  P1020533

源内焼釜も復元されています。
P1020528

お庭は、薬草園になっています。
P1020529

こちらは、源内先生の銅像です。
P1020532

帰る間際、車を良く見ると フロントがきわどかったですね(汗)
P1020548  
後から振り返ると、この写真が重要な役割が合ったのは秘密です。(謎)

こちらの遺品館を中心に、源内先生の偉業を現在研究されているサークルが有る様です。
文化サロン源内
http://blog.livedoor.jp/yamayuki1732/
興味が有る方は、是非。

(おまけ)
帰宅後調べて見ますと、過去ドラマがあったそうです。

翔んでる!平賀源内
とんでる!ひらがげんない)は、1989年5月~9月の間、TBS系で20時~20時54分の『ナショナル劇場』の枠で放送された時代劇。
今の所、ソフト化はされていない。

  • 主演:西田敏行
  • 主題歌:「キラキラ音頭」

享保期に実在した蘭学者平賀源内を主人公とした時代劇。
源内を探偵の様に仕立てた勧善懲悪物。

これはみたい♪

さて次はお風呂に向かいますか。

PS エレキテル作成キットは、非常に惹かれましたが購入は断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 4日目 その2 坂東村 バルトの楽園

12時少し前に、徳島県 坂東村(現 鳴門市)へ入りました。

坂東村とは、
第一次世界大戦のときに、約4,700人のドイツ兵が俘虜として日本に送られました。鳴門市大麻町(当時は板野郡板東町)にも「板東俘虜収容所」が建てられ、約1,000 人の俘虜たちが2年10カ月ほどこの地で過ごしました。この収容所の松江豊寿(まつえとよひさ)所長をはじめとする管理者は、「ドイツ兵も国のために戦ったのだから…」と理解を示し、所内では文化事業や商業活動が盛んに行なわれていました。なかでも有名なエピソードは、ベートーヴェンの「交響曲第九番」が日本ではじめて演奏されたことです。

①ドイツ兵の慰霊碑
P1020453 第1次大戦時には、数多くの収容所があったそうです。

②バルトの楽園 BANDOロケ村~歓喜の里~
今回 (道の駅 第九の里)に車を置いて、歩いて行きましたが
地図で見るより遠いw

http://www.tv-naruto.ne.jp/barutorokemura/main.htm 公式サイト

下記のサイトの方が、わかり易いです。
http://www.pref.tokushima.jp/generaladmin.nsf/topics/8928EFFFC10429594925711E002AA00C?opendocument

映画 「バルトの楽園」http://www.bart-movie.jp/のロケ地です。
2005年11月10日~12月23日まで、ロケで使用したそうです。
いやーセットの割には、しっかりした建物で驚きました。 さすが総工費3億!
P1020462 収容所入り口
P1020471 内部も良くできていますね。
P1020474 小道具もいい味を出しています。
P1020475 映画はまだ未見ですが、ここで演奏した様です。
P1020481 松平健氏の つけヒゲは、アートネイチャー製だそうですw

ロケ村内にあったのですが、指名手配犯の看板は笑えましたw
P1020491 「おい、小池!」 
今なら懸賞金200万が出ます。 見かけた方は、鳴門警察までw

お昼は、村内の バルト食堂にて ざる蕎麦を食べました。
暑いので、冷たい蕎麦が最適です。

ロケ村開村期間 2006年03月21日~2年間
との事ですので、いずれは壊すのですかね~ 勿体無い。

②大麻比古神社 http://www.genbu.net/data/awa2/ooasahiko_title.htm
県下一の格式を誇る神社で、農業、産業の守り神である天太王命(大麻比古命)と、交通安全厄除けの神の猿田彦命がまつられています。正月三が日には30万人を越す県内外の参拝者があります。
P1020500 P1020506
奥に進むと 当時のドイツ人が作った 橋が残されています。
P1020501 めがね橋
P1020504 ドイツ橋

この立て看板には笑いました。
P1020507

③鳴門市ドイツ館
http://www.city.naruto.tokushima.jp/germanhouse/
板東俘虜収容所の関連展示物を基にして、当時の ドイツ人と日本人の交流を再確認できる施設です。

興味深い展示物が多いので、ロケ村とセットで見学すると良いと思います。

④ばんどうの鐘
ドイツ館の奥の山頂にあります。
P1020516 こちらから、登ります。

また入り口横には、こんな看板が!
P1020515  

よく見ると下側に

P1020522  念の為、写真を撮って 連絡先をw

道中は軽く登るのですが、暑いし、蜘蛛の巣が多いので結構キツイです。

蜘蛛の巣と格闘後、頂上に着きました。
P1020521 中に入りましたが、暑くて早々に退散w
P1020520 景色は良く、涼しかったです。

さて車に戻ってから、香川県さぬき市へ移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今週の出撃 ~四国進撃~ 4日目 その1 室戸岬 

(海の駅とろむ)場所が広いのは良かったのですが、暑くて最悪でしたヽ(;´Д`)ノ

殆ど寝れずじまい。 車を駐車場内ベンチ横に置いて、ベンチで数時間寝ましたw
数時間したら、多少マシになったので 車内に移動しましたが。。。

起床時間は、7時過ぎです。

とりあえず室戸岬先端に向かいました。

①中岡慎太郎の像
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B2%A1%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E
坂本竜馬と共に薩長連合を実現させた偉人です。
ちなみに、桂浜の竜馬像に視線を向けているとの事。

②室戸岬
http://www4.inforyoma.or.jp/~takemura/misaki.html
P1020425
写真の様に、激しい岩場が目に付きます。 
この辺りは、弘法大師の修行場であったそうですので ゆかりの場所が多数あります。

③御厨人窟(みくろど)
岬の少し手前、国道沿いにある2つの洞窟は、弘法大師が悟りを開いたとされる
有名な洞窟で、御蔵洞(みくらどう)とも呼ばれています。
P1020432 P1020426_1
なんと洞窟の中に、お堂があります。

まず左側。
P1020427 P1020428 P1020429 沢蟹だらけw

次は右側
P1020430

④室戸青年大師像
P1020437 P1020436  
7時に開くはずですが、8時前でも閉まっているw

⑤夫婦岩
三重県の全国的に有名です。
http://www3.eco.pref.mie.jp/avon/shizen/marugoto/meoto/meoto.html
三重の方のライブカメラです。
こちらの方が規模は大きいですね。
P1020449

こちらの入り口は、下記です。
P1020452 手前と奥にも入り口があります。

しかし、入り口が急なので 歩いて行きました。
P1020451  

実際降りてみると
P1020447 やはりw これは登る時、リアバンパー摺りそうですw

ちなみに奥側は、
P1020446 これは罰ゲームですかw

⑥道の駅 穴食温泉 http://www.toku-mlit.go.jp/road/01s_info/eki/shishikui_top.html
寄って見ました。 温泉は残念ながら、10時からですので断念。

この後 徳島へ進撃!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

今週の出撃 ~四国進撃~ 3日目 その5 よさこい祭り

以前 札幌在住時に見たことがありますが、やはり本場の高地を見ないと語れませんね。

よさこい祭り
http://www.yosakoi.com/jp/index.html

時間の都合により、演舞場全部を観ることができないので 1箇所のみですが見てきました。

P1020374 おおー決まっていますね。
P1020376 ウド鈴木かと思った(;´Д`)
P1020383 P1020390
P1020393 動きが早すぎて、シャッタースピードが追いつかない!

トラック協会は、人数が多いので迫力があります。
P1020398
P1020403 ちびっ子もがんばっています。

P1020404 JA高地は、なにやら雰囲気(音が)違う?!
P1020405 トラック内で、バンド演奏してますw
ちなみにJAなので、米を配っていました。

おばちゃんに取られまくっていますが、(京都のプレデター)としては 

くれるまで絶対逃がしません( ´,_ゝ`)プッ

おかげ様で、無洗米をGET!

ちなみに、うちは(炊飯器)が無いのを忘れていましたが 何か?(爆)

よさこいは夜の部や、他の演舞場を見るとかなり楽しめそうですが、
時間が押してきたので移動です。

今晩は室戸岬へ向かいますが、途中の温泉に寄ります。

*黒潮温泉 竜馬の湯 http://www.ryusei-family.com/onsen/onsen.html
湯温も適温で快適です。 
休息スペースは漫画が大量にあるので、時間つぶしに最適です。
道中TVを全く見ていないので、世の中の動向が全く?なので新聞三枚!

記事の中に、DOCOMOのFOMAの広告がありました。
何々? 

「昨年のよさこいの受賞チームの動画が見れます」

せっかくなので、観ようと思いましたが、なにやら注意書きが!
P1000097

「1コンテンツ辺り、最大2Mバイト パケットパック無しなら3500円の通信費が・・」

うはーこれは Σ(゚д゚lll)アブナッ w 

調子に乗って見ると、まさにパケ死。 

最近パケ死は聞きませんが(爆)

ちなみにこちらのお風呂は、
通常800円→割引700円 ですが、 帰る時何故か200円おつりをくれました?!
ほぅ 結局500円か!それは安い。

後ろの方から、

「何でおつりを出すの?」

とバイト君が怒られていましたが、聞こえない振りw 
しかし、災いが降りかかり またもや夕飯を食うところを逃しまして
今晩も、 ほっかほっか亭 のお世話になりました(爆)

最終目的地は、 (海の駅 とろむ) です。 http://www.toromu.jp/

到着時間 10時半頃?

走行距離 237.2Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 3日目 その4 坂本竜馬ゆかりの道

せっかくなので、(竜馬ゆかりの道)を歩いてみます。

参考リンク
坂本竜馬の家族
http://www.kujira28.com/ryoma/ 非常に判りやすいです。

まず行ってみたのは、

①坂本竜馬の誕生地
P1020339 P1020340
P1020341 誕生地の正面にバス停がありますが、特別仕様です。

②際谷屋跡(坂本家の実家の酒屋跡)
記念館で頂いたチラシを元に探索しましたが、全然わからん(゚Д゚≡゚Д゚)?
仕方なく、目の前に飛び込んだ 喫茶店で、昼食を取ることにします。(13時半?)
P1020346 P1020345  店の看板がいい味出してます♪
店内に入り、おばちゃんに話を聞くと ここがまさに(際谷屋跡)だそうです!
確かに店内は、全国の竜馬ファンのグッズがぎっしりです。
ちなみに、全国の竜馬ファンの巡礼地です。

ランチメニューは完売でしたが、(さいたにやランチ)がお勧めだよとの事。
写真は取り忘れましたが、
パスタ・ハンバーグ・サラダ・ピラフ・ポテト・味噌汁・竜馬コーヒー
と量が凄まじく多く、びっくり。 味も良いのは言うまでもありません。

あれで、1050円とは安すぎでは?! 関東なら、1500円~取りますね。

食べながら、お店の常連さんと話をして 地元情報を収集。
笑ったエピソードとしては、高地名物(よさこい祭り)は 親父さんから見ると

「昔はシンプルだったけど、今のはキチ○イ踊りだよ」 っと。 確かに(爆)

こちらで 「竜馬ゆかりの道」案内図をGET! これで完璧! 全部回ろうかw

食べ終わったので、お店をあらためて見ると
P1020343 確かに、観光案内の看板がありました(汗)

③坂本家一族のお墓 参拝
住宅地奥に案内石碑があります。
P1020354  この辺り坂がキツイです。
P1020355 このような案内看板はあり難いです。
P1020361 ここの壁と木の隙間を進みます。

しばらく進むと

P1020356 P1020357  (-∧-;) ナムナム

ちなみにこの周辺のお墓には、なにやら物々しい看板が!
P1020360

確かに下記は醜いですね。

P1020358  坂本家のお墓の真横ですよ?
P1020359_1 坂本家のお墓の真後ろは、造成中です。

事情は知りませんのでコメントはできませんが、もう少し何とかなりませんかね?
また竜馬のお墓は、京都市内にあります。 そのうち行かないと!

④日根野道場跡
容量の都合より他の場所はカットしますが、ここは外せない!
日根野弁治が築屋敷に開いた道場。
郷土の門下生が多く、竜馬もここで14歳から19歳まで修行をしました。
P1020366

こちらを移動中、よさこい参加者の方々が!
P1020362 日差しが強すぎて、露出がメチャクチャだなw

では いざ「よさこい祭り」へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 3日目 その3 坂本竜馬の生まれた町

高地中心部に近ずくと、路面電車が多くなります。
P1020328

また、「よさこい祭り」の地方車も多くなります。
P1020330

路面電車も「よさこい仕様」ですね。
P1020332

さて目的地に着きました。

①高地市立竜馬の生まれたまち記念館
http://www.inforyoma.or.jp/hometown/
P1020371
竜馬が生まれてから、脱藩するまでをわかり易く展示しています。
写真は、竜馬の家を再現しています。
P1020335 P1020334
こちらの記念館は、木造建築です。 金が掛かっていますね~

記念館の前に 周辺図(竜馬ゆかりの道)があります。
P1020333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 3日目 その2 坂本竜馬記念館

10時過ぎに、高知へ入りました。

とりあえず向かったのは 桂浜です。

①高知県立坂本竜馬記念館 http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~ryoma/
撮影禁止でしたので写真はありません。
展示物は非常に興味が有るものが多く、行く価値はあります。

それぞれの幕末-龍馬・半平太・そして以蔵-
  期間 平成18年7月1日(土)~8月31日(木)
が丁度開催されていました。
Sorezoret
細かいところで驚いたのですが、特に竜馬が持っていた銃は 
スミス&ウエッソン第Ⅰ型 22口径
スミス&ウエッソン第Ⅱ型 32口径
とは・・・

写真は屋上から見る桂浜
P1020318

また 坂本直行さんという方は、、(坂本竜馬の甥の孫)です。
帯広の洋菓子の老舗「六花亭」の包装に使われる絵も描かれています。
P1020316
参考リンク
http://www.tanukikoji.or.jp/matsuyama/chokou/

検索して見た所、帯広市の南、中札内村(なかさつないむら)にある
「中札内美術村」の中に 「坂本直行記念館」があります。
ちなみにここは、札幌在住時に行った事があります。 

②坂本竜馬像
P1020325
有名な像ですね。 
昭和3年建てられ、平成11年に全国の竜馬ファンの寄付によって修復されています。
太平洋戦争時に、資材提供されなかったのは凄い!

桂浜周辺には、「土佐闘犬センター パークサービス高地」があります。
http://www.pskochi.co.jp/shop.html
行きたかったのですが、時間がないので断念。
後日 ネットで知ったのですが、子犬と戯れることもできるらしい。  Σ(゚д゚lll)ガーン
Koinu_15 Koinu_17

次に向かって移動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 3日目 その1 四万十川

昨晩の (大歩危・小歩危)は快適でしたが、水辺ですので 蚊が多い・・・
四万十川周辺地図はこんな具合です。
P1020299

①安並水車の里
P1020301
起きたのは、6時頃ですので撮影は6時半。昨日より遅いw
P1020303
中村駅は比較的街中ですが、5分でこの具合。
(安並水車の里)は、のどかでいいですね。

さて移動です。

②佐田の沈下橋(今成橋)
四万十川でよく見かけるユニークな橋で、欄干が無いのが特徴です。
増水して水中に沈んだ時、水の抵抗を少なくして、流されにくくしています。
P1020306 軽トラが似合う。 のどかだな~

これを観ると、歩いて渡って見る事にします。
P1020311 橋の真ん中辺りで、上流へ向かってパチリ。

こうなると、車で行くしかないでしょう。
P1020309
対向車に軽トラが来ましたが、そのまま突っ込んできやがったw
お約束通り、橋の上で離合(すれ違い)です。
相手が軽でよかった物の、BIGクロカンが来たらキツイでしょう。

その後は、コンビに朝食を購入し 高知へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その2 道後温泉 

次の目的地は、 道後温泉 です。 ただし距離が結構あるので、途中昼飯どころを
探さないと!

①道の駅 とよなか http://www.skr.mlit.go.jp/road/rstation/station/toyohamab.html
うはー レストランは 水曜日定休日でしたorz
とりあえず、正面の 瀬戸内海をパチリ
P1020279

仕方が無いので、国道11号沿いで セルフのうどん屋に寄って見ました。
値段が凄まじく安い! 味もさっぱり目でおいしいです。
P1000091  これで700円は安いな♪

その後松山市へ♪http://www.dogo.or.jp/

②坊っちゃん列車 http://www.iyotetsu.co.jp/botchan/index0.html
坊っちゃん列車とは伊予鉄道で活躍した蒸気機関車のことです。夏目漱石の小説「坊っちゃん」で、その登場人物達が多くこの蒸気機関車を利用したことから「坊っちゃん列車」の愛称で人々に親しまれていました。
現在走っている坊っちゃん列車はドイツから来た1号機関車をモデルに復元されてます。
P1020292 P1020289

ちなみに、伊予鉄道ですので 現役の列車にも遭遇しています。
P1020298

③道後温泉 http://www.city.matsuyama.ehime.jp/dogojimu/tanken/
日本書紀にも登場する、3000年の歴史を誇る わが国最古の温泉です。
また
「夏目漱石の坊っちゃん で紹介されている」 
「映画  千と千尋の神隠し  湯屋「油屋」の元ネタで有名」 ですね。
ちなみに、 法興6年(596年)に聖徳太子も入浴に来ています。

とりあえず温泉マニアとしては、ここに利用せずにいられるかとw
P1020283 P1020281
ここの内外装が、非常に渋いのもありますが 何と言っても、料金体系でしょう。
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/dogojimu/tanken/info/index.html#eigyou

値段が高くなればなるほど 上階へ行けば行くほど
サービスが良くなる(逆に考えると手ごわくなる)のです。 

つまり、

ブルース・リー の 映画 (死亡遊戯)

アイレムのゲーム (スパルタンX)

秋葉原の 肉の万世

を彷彿させるシステムです(爆)

今回は温泉だけでしたが、時間があれば 
(貸浴衣・お茶・せんべい)のコースを利用したかったですね。

しかし、石鹸付きの記念タオル(200円)を購入したので 満足ですw
Taoru

④ハイカラ通り(道後商店街アーケード)
結構味があるところです。 
途中喫茶店 (道後の町屋)http://www.dogonomachiya.com/
で ケーキセットを食べましたが かなり旨かったです。
Machiya2 Machiya Machiya_1

ここから明日に備えて、 四万十市まで一気に行きます。(足摺岬経由)

晩飯はまたやってしまった! 何もないw 
結局(ほっかほっか亭)です。 普段食べる機会は無いので、おいしかったですが。。

道の駅は無いので、 安並水車の里にて 本日の活動終了。
到着時間は 22時40分でした。

本日の走行距離 432.3Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 ~四国進撃~ 2日目 その1 大歩危・小歩危

昨晩の就寝時間が早すぎたので、5時半に起床です。
P1020230  出発前にパチリ。時間は6時です。十分に明るいですね~

*大歩危・小歩危 http://www.west-miyoshi.com/
大歩危・小歩危は2億年もの時を経て、四国山地を横切る吉野川の激流に結晶片岩(けっしょうへんがん)が削られてできた渓谷です。
この辺りは四国山脈を越えるときに必ず通らなければならない場所で、崖が切り立ち、川の流れも速く、古くからの難所として有名です。そこで、「大股で歩くと危ない」という意味で「大歩危」、「小股で歩いても危ない」という意味で「小歩危」と呼ばれるようになりました。

①児啼爺 の碑
「ゲゲゲの鬼太郎  *初期題は墓場の鬼太郎」に出てくる 「子なき爺」は こちらの地域の古くから伝わっています。 つまりここが誕生地です。
P1020233

②大歩危・小歩危
結晶片岩が水蝕されてできた渓谷です。
P1020236


③祖谷のかずら橋

平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にあるかずら橋。シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。 昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。3年毎に架替えが行われる。(国・県指定重要有形民俗文化財)
P1020250 
これはかなりキテマスw (注意 ここは出口です。実際はの入り口は逆です)

P1020245 P1020247 足元も隙間が大きいので、これは凄いw
P1020248 橋の横の景色を見ると、絶景!
ちなみにこちらの営業時間は、 (日の出から日没まで)になっていますw

橋の近所に、(琵琶の滝)もあります。

④ホテル祖谷温泉
ここの温泉は凄いです。 何故なら 
露天風呂へは、ケーブルカーで往復 します。
なにはともあれ、写真でどうぞ。
P1020258  これがホテル側(駐車場より)
P1020260 ここの谷底が、温泉ですw
P1020263 暫く待っていたら、ケーブルカー登場。
P1020265 ケーブルカーの運転は、自分で行います。 ポチっとな(爆)
P1020273 湯船からの景色は、こんな感じです。

いやーここは凄い。 1回は泊まって見たいですね。

⑤小便小僧
祖谷街道中一番の難所といわれる七曲にあり、谷底まで200mの高さがある。祖谷街道開設工事の爆破作業の時に残ってできた岩です。
その岩の上には、かつて地元の子供達が度胸試しをしたという逸話にちなんで作られた、小便小僧が立っている。
P1020276
実際ここから小便をしたら、勇者ですが 通報されかねないので断念w
P1020275
風が吹いたら、落ちかねない。 チ○ポ出したままの死体は、間抜けw

さあ とりあえず 次の目的地に向かいます。

おっと 道路工事の誘導員バイトらしき 地元のヤンキー姉ちゃんがなんかいっているぞ?

「今 工事中ですので、10時まで待ってください♪」

時計を見ると、5分程度なのでいいですかと。

せっかくなので、汚いフロンドガラス・ヘッドライトを雑巾掛けw

ふと横を見ると 工事の看板があったのだがP1020277

通行できるのって、 1時間のうち 10分だけじゃん(爆)
*道がかなり狭いので、Uターンは不可能でしょう。

こんなところでも、悪運が強いようです(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

今週の出撃 ~四国進撃~ 1日目 鳴門のうずしお

今日から、初めての四国訪問に行く事になりました。
http://www.wel-shikoku.gr.jp/index.htm ←四国観光総合HP

大まかな計画としては

①大歩危・小歩危の 噂の温泉へ!
②松山の道後温泉へ → 「映画  千と千尋の神隠し  湯屋「油屋」の元ネタで有名」
③四万十川を確認
④高知の 坂本竜馬のふるさとを訪問と、本場の「よさこい祭り」を楽しむ
⑤さぬき市で、本場のうどんを食べる!
⑥徳島の 「阿波踊り」を観る

になっています。 これを攻略し、土曜の深夜に帰宅予定です。
天気予報によると、関西には (台風が直撃)らしいのですが・・・・
まあ、昨年の台風で (BLITZENは冠水)して 大修理済です。 
もう今更 下取り査定も関係ないので、まあいいでしょう(爆)

約束事としましては
①四国内では、高速は使わず 一般道を使用
②できるだけ観光をしたいので、日程は余裕を持つ
③危険防止の為、深夜の移動は行わない
④就寝は、歯磨き&洗顔をしたいので 道の駅 を利用する
⑤ガソリンの給油は、地域最安値の店を利用

という訳で、12時頃 京都東ICに乗って出撃です。
暫くして、14時ごろ 明石海峡大橋より、本州を離れました!
*神戸淡路鳴門自動車道です。 http://www.kkr.mlit.go.jp/road/time/h_kobeawaji.html

P1020195

途中 淡路SAで休憩して 最初の目的地である (鳴門のうずしお)を見に行きます。
おっと! 淡路SAでは、
「四国で得するパスポート」を入手します。 
http://www.wel-shikoku.gr.jp/welcome/genkan/pas/main.htm
これがあると、各地で割引サービスが受けられます。 
あれ? 案内口で言わなければいけないので、誰ももらっていないな? 
観光客向けですので、積極的には配っていませんしねw

とりあえず、四国へ降り立ち 途中の道でパチリP1020200
うずしおを観る為には、鳴門北ICで降りて 鳴門公園を目指します。

渦の道 ~鳴門公園~ http://www.uzunomichi.jp/index.php
写真の高速横に見えるのが、(うずしお)です。P1020201
満潮時間は 17時40分ですので、それまで各種見学です。

①エディ ~大鳴門大橋架橋記念館~
「渦」と「橋」を展示テーマに、鳴門のうず潮と大鳴門橋のメカニズム等をビジュアルに紹介しています。 
いやー橋の構造は、凄いですね。
P1020204

この様な施設で、毎回(メイキング)を観るのですが (本当に良く作ったな!)
は感じるのですが、それよりも 当時の方々の
「是非 本州とつなぐ橋を」 「橋を作る情熱」 をつくずく感じました。
他の地域に住んでいますと、そんな物は必要ないだろう と人事に感じがちですが
そんな事は言ってはいけませんね~

またここには、
鳴門の海と空を体験できる「アドベンチャーシュミレーターうず丸」
という物があります。 金額は 200円と格安です。
P1020215  
写真は係員のお姉さんに、

「ブログに載せたいので、写真を取らせてもらえませんか?」

「できれば、こう ポーズを取ってもらえると あり難いです♪」

と話をして、無理やり(w)ポーズを取って頂きました。
いやー 「ブログ」って使える言葉ですね(謎)

②渦の道
渦の道は、大鳴門橋橋桁空間に設置された遊歩道です。450m先の展望室までの海上散歩が楽しめます。
高速道路の下を通りますので、迫力満点です。
P1020219 P1020221 P1020223  
いくら強化ガラスでも、45Mの高さは怖いですw
今回は、台風の影響か? 波が微妙ですので 渦も少し小さいかな?
P1020224

ここらで18時くらいになったので、明日に備えて移動です。
しかし、国道192号は 進めば進むほど 飯を食うところが何も無いw 
おっやっとあった!

川の駅 レストハウス ウエノ http://www.resthouse-ueno.jp/
残念ながら、21時頃では何も見えないw
閉店数分前に飛び込んだのに関わらず、丁寧な対応に感激しました。
当方は、(恩は返す)主義ですので、宣伝します。
いやー金額に比較して、料理はおいしいです。 量も多いし!

最近は、道の駅に対向して 川の駅 と言うのがあるんですね~
http://www.machinoeki.com/kakuchi/kakuchi_theme_kawa.htm

今晩は、明日の目的地(大歩危・小歩危)へ向かいますので、
道の駅 にしいや へ向かいます。
http://www.skr.mlit.go.jp/road/rstation/station/nishiiyab.html

祖谷渓谷の道(県道32号)は、狭く・ヘアピンだらけで かなり面白いです。
殆ど WRCのスペシャルステージと変わらんw
ちなみに、京都の酷道よりも広いので 一般的にもお勧めできます♪

現地に着いたのは、22時頃です。 周囲も暗いので、23時頃就寝だったかな?
道の駅 の真横に 温泉があったのですが、21時までですので 利用できず・・・
夏場なので、風呂に入れないのは痛い! 途中寄れば良かった(´・ω・`)

本日の走行距離 302.7Km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃(四国一周の旅 予告)

本日昼頃より、

(四国一周ツアー) 
*当然車で、自走(四国上陸は、高速ですがw)

へ出撃してきます♪

元気があったら、土曜日の
「阿波踊り」
に飛び入り参加するかも(爆)

日曜の朝方に戻る予定です。 
しかし、四国へ渡る手段の値段が高すぎる・・・・
全走行距離は、余り考えていません( ´,_ゝ`)プッ 

PS 当初は、(車でお遍路さん)を考えたのですが、
お寺の開いている時間が限られているので、
残念ながら諦めましたヽ(;´Д`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

今週の出撃 その4(お盆は六道まいり)

丁度判りやすいHPを拝見したので、紹介します。 
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/wking/courese-24

*8月7日から10日までの4日間は、多くの露店も参道に軒を
並べ、お精霊(しょらい)迎えの人々がひきもきらず参詣されています!

①六道珍皇寺
P1020183
「六道」と言うのは、「六道輪廻」の世界のことらしいです。

地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天という、6つの世界を彷徨う事。
下記HPが詳しく説明されています。
http://www3.kcn.ne.jp/~mamama/kyoto/temple/rokudo-chinnou-ji-temple-01.htm

地蔵堂(西福寺)
P1020185 P1020186
空海が地蔵堂を建てたのがこのお寺の始まりだ
、と伝えられています。
この寺のお地蔵さまには、檀林皇后(嵯峨天皇の皇后)がわが子(正親親王)の病気が治るよう祈願をしました。それがきっかけで、このお寺のお地蔵さまを「子育て地蔵」と呼ぶようになったそうです。

こちらでは、不動明王の御守りを頂きました。 
来年参拝時に、お返しが基本との事です。

③幽霊子育飴
P1020184 P1020194
凄い名前のお店です。
昔この辺りで夜な夜な飴を買いに来る女性が居て、 調べると実は身重のまま死んだ女が死後出産し、 幽霊となって赤子になめさせる飴を買いに来ていた
、 という民間伝承から来ているそうです。。
下記のHPが詳しく書かれています。
http://shigeru.kommy.com/rakugo16.htm

とりあえず、3袋GET!

④六派羅蜜寺
P1020189 P1020190

市の聖と敬われた空也が開いた真言宗のお寺で、
西国三十三ヵ所 第17番札所、
洛陽三十三所観音巡礼第15番の札所です。
本堂(重文)は、南北朝時代の再建です。
また、空也上人像、平 清盛公坐像(ともに重文)など平安、
鎌倉時代の優れた彫刻が多くあります。

ここは、縁結びの神様?の為 
野郎共は撤収(´・ω・`)ショボーン

帰りですが、国道1号経由で帰ります。

1部 自動車専用道路の為、遠回りをしないといけません。

そうなると、 心霊スポットで有名な
(東山トンネル)へGO!
P1020192 P1020193
詳しくは、下記が参考になります。
http://www.ne.jp/asahi/meitei/pedantry/field/rakutou/tunnel.html
上部が火葬場など 好条件?な為、
お持ち帰りになった人もいる?とかいないとか・・・・・
当方は、特に何も感じませんでしたw
ただ気のせいか、ここはやけに涼しかったですが・・・

いやー 本日は天気が良すぎて、ドリンクを何本飲んだ事かw
明日当たり、日焼けの腕が痛むと思われます(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 その3(京都の定番SPOT)

せっかくなので、京都の定番SPOTを通ります。

①白川
P1020181  
有名な景色です。 写真は、面倒なので修整無しw

②明智光秀の塚
P1020178 P1020179  
説明は、看板の写真を(手抜きw)

③八坂の塔が見える場所
P1020182
東山のシンボル 八坂の塔(法観寺)です。
東大路通りから東へ向かって登る坂からの 
このショットが有名です。
う~ん いかにも京都らしい場所ですね。

さて次のSPOTへ 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 その2(日向大神宮 かなり秘境?)

自宅へ帰ったのは、13時ごろです。

丁度会社の後輩が、Bd120bk20spm 昨日 BD-1を購入したので 出かける事にしました。

まず 向かったのは、日向大神宮です。
http://www12.plala.or.jp/himukai/ 公式サイト

地図はこちら → http://www12.plala.or.jp/himukai/

ここは入り口から面白いです。 
まるで、酷道477号・百井別れの様ですw 
こんなマイナーなブログを見ている方には、
是非行って頂きたいので
写真で判りやすくUPしてみます。(結構判りにくいのです)

まず P1020142
脇道のP1020143右側を行きます。

*ここを、そのまままっすぐ行くと 東山ドライブウェイです。

途中、来た道を振り返って見る。P1020144

追い越していった 車のコーナリング。P1020145

この先は、一旦 かなり広くなります。

その際休憩しまして、

「なんだ 道も広いし、大した事は無いなw」

と 二人で喋っていたのですが・・・・

でここは左へP1020146  車で来るのは、酷です。

そのまま進むと、左右に分かれる場所に出ます。

右の急坂へw、行くのが正解P1020147
P1020148 間違って左へ行っては行けません!

下りきったら、T字路に出ますので、右の急坂を登りますP1020151
上から見るとP1020153  
これはキツイヽ(;´Д`)ノ

しかし登りきって見ると、おっ威厳がある鳥居が! P1020157 

ここをさらに登ると P1020158  P1020159  
さすが 元伊勢です!
(詳しくはこちらで →http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E4%BC%8A%E5%8B%A2)

P1020161を登ります。
P1020163  うむーさすがです。

今度は、参堂側へ行って見ます。

P1020167 鳥居も立派です。 

帰りは、地下鉄(蹴上駅)に向かいますので 坂をそのまま下ります。
P1020168

P1020170 P1020171
階段を下ると、観光本でよく出る(琵琶湖疎水)が目に飛び込んで来ます。 
魚も凄い数! 水が綺麗なんですね~

下(三条通り・蹴上駅近辺)へ降ります。 P1020175

参堂入り口も立派です。P1020176

もしこちらのお寺へ行かれる方がいらっしゃいましたら、
是非 電車で行くのをお勧めします。 駅は(蹴上駅)です。
公式HPでは、(車の方は~)も掲載されていますが、
余程の 「酷道マニア」でない限り、やめた方が吉です。

ちなみに、一方通行では無く 対向通行です。
車で来たら、熱い離合が生じるでしょう。

まあ、一般的にはさほど車は来ないと思いますがw

では他のSPOTへ移動するので 続く

PS いつもなら、後日 車で訪問を考えますが、
さすがにここはキツイです。 
当方の車http://www.subaru-sti.co.jp/blitzen/top/top_f.htm
では、リアバンパーを引っ掛けるかと。
いやー 下手な酷道よりも大変かも?
地元の方のご苦労をお察しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の出撃 その1(昼飯は信楽)

昨日は、車に乗らなかったので BATTの充電がてら出掛けました。

①国道422号
大津市大石東町付近で、先日の大雨で道路がダメージを受け、通行止めです。

なんと、本日の朝6時に通行止め解除との事で通ってみました。
http://www.pref.shiga.jp/h/o-doboku/
いやー公式サイト(大津土木事務所)の掲載写真を見た時は、
暫くは復旧は厳しいと思ったのですが。。。。
ここの道は 交通量も少なく快適な道なのです。
いい仕事しています。 こういう金の使い方ならば、文句は無いのですがw

②山田牧場 http://www.kansai.com/travel/snap/higaeri/0602/06.html

P1020132 P1020129

いやー何回行っても、癒されますね~

本日気温が高いので、猫も ばて気味でしたwP1020134
ヨーグルトは、メチャクチャ旨いです。

②信楽高原鉄道 信楽駅
駅の近所に無料駐車場があるので、歩いて駅に行きます。
ここで、信楽のイベントチラシをGET! 
来月のイベント企画は決定です。
*MIXIで、自転車サークルを行っています。
P1010401
駅前にある たぬきの公衆電話 は、でかすぎて笑えます。

③定番の激安ジュースの自販機
ヘビーローテーションになっていますが、やはり安い!P1020138
基本100円・ポカリは80円!
コーヒーは、50円ですよ(゚∀゚)

④狸家分福 
http://r.gnavi.co.jp/Mg/19/3005719.html
P1010424
1階が信楽焼 の販売店、2階が丼とうどんの食事処です。
大きなタヌキをかたどった外観が目印w
ラーメンを注文しましたが、これが旨い! 500円と安いし♪

さて 自宅へ帰ると13時頃です。

これで終わりと思ったら、大間違い(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

今週の出撃 (NIFTYのイベント&酷道と温泉・・美山町河鹿荘)

当方のプロバイダーは、NIFTY一筋です。
当時は、「NIFTYサーブ」でしたねw

①NIFTY BB Festa
http://www.nifty.com/festa06/?top5 
さて 大阪でイベント開催との事で、洗車(AM7時は定番)が完了したので出発です。
大阪は、電車で行ったほうが明らかに早いので、車ではないですw
昨年も開催されましたが、忙しくいけませんでした。
まず最初は、第1目的の

「真鍋かをりさんのトークショー」♪です。
初めて見たのですが、さすが
「細い~」「足長~い」ですね。
また 司会者の方(J-WAVE)との話も合わせ、芸能人の方は 話が上手いですね。 
内容ともども、とても参考になりました。
また、各種サービスの実演・相談コーナー(これは重要)があり良いイベントでした。
お土産も多数もらったのですが、普通紙袋を配布なのですが トートバックなのは良かったです♪

②大阪探索(梅田のみ)
エプソンのリアプロのショールームがあったので、寄ってみました。
缶コーヒーが出て来たのは、素晴らしい!
商品もコストパフォーマンスが優れているので、将来の選択肢に含まれるでしょう。
プラズマより、DVD(SD画質)の粗い画面を誤魔化せるのはいいですねw

お次は、ヨドバシです。
現在の商品動向チェックを常に行わないと、時代に取り残されるので怠ると大変な事に・・・

③温泉出撃
会社の後輩(京都歴3ヶ月)の車(BMW318)で出撃!
目的地は京都美山町の河鹿荘http://www.m-kajika.jp/です。

ルートは京都を満喫してもらう為、
京見峠→国道162号→現地→府道38号(佐々里峠&花背峠)
にしました。
この辺りは、京都では定番の道です。 
特に帰りの 府道38号は笑えましたね~

何故なら・・・ 数箇所 鹿が 

「こんばんは~」

「ちょっと道を通りますよ」

とお出迎えでした(爆)

また最後の締めで、 
円通寺 http://www.ne.jp/asahi/yukio/303/k-entu00.htm
そばの急坂に行って見ました。
ここの坂は、傾斜が25%もあります。
* 25%の勾配というのは、
100m進む 間に25mの高低差があるということで、
角度に直すと約14度です。
夜間通ると、違う意味で面白いですね。

本人も満喫してくれた様で、良かったです。

京都周辺のドライブ情報が欲しい方は、いつでもどうぞw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

【おぼえがき】ベンチプレス 記録更新

最近(梅雨)が終わった様ですが、
曇りでさほどスカッとしない今日この頃です。

週末は、土曜→洗車→雨→晴れたので拭取り→雨
とのパターンで、毎週やられっぱなしです(*´д`;)…

さて昨日は、恒例の
(ベンチプレスのMAX挑戦)
を行いました。

なんとか 108Kg までたどり着きました。P1000083 

今年のノルマとして、(110Kg)を与えられているので
もう一息です。
もっとも設定時は、90Kg以下しかできなかったので
うれしい限りです。

ちなみに、昨年10月の時点は (50Kg)でした。

自宅近辺は、街灯が少なく 
関東なら(オヤジ狩り)が起こるぐらいの暗さです。
*京都の郊外は、暗すぎ!
オヤジ狩りにあっても、逆襲はできるかとw

写真・・トレーニング室の黒板を、勝手に借用w

~おまけ~
マケボノ 勝利への必殺技♪
http://www.youtube.com/watch?v=vVWROq2L-kk

伝説の Royce Gracie vs Bobby Ologun
http://www.youtube.com/watch?v=E0ubeHb7M18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »