« 今週の出撃 (登山→献血→温泉) | トップページ | 「どうして朝マックメニューは朝しか買えないのだろう」マックが朝食メニューを終日提供へ…米 »

2006年9月24日 (日)

今週の出撃 (京都魔界探訪ツアー)

*注意
自宅へ帰り、遅くても翌日(月曜日)にはアップ完了の予定でしたが・・・

凶:文章打ち込み中、IEがなんどもなんども 落ちる・・・
凶:OS(XP)がフリーズ Σ(´д`;*)
凶:文章を保存する前に、間違えて PCの電源ケーブルを引っこ抜くヽ(;´Д`)ノ

これらが、何度も降りかかる為 結局完全にできたのが 木曜日「28日」です・・・・・
その為、内容については 凄まじく手抜きになっています。

今回は、 MIXIのコミュニティ 「TOM&BIN倶楽部」にて企画して頂いた、

京都魔界探訪(自転車で行く) のイベントに参加しました。

「京都魔界探訪」
ツアー副題: 封印された闇の歴史を覗きながら、呪いと怨念渦まく迷宮の都を訪ねる旅

五条大橋西北詰―不動寺―六波羅蜜寺―西福寺(六道の辻)―六道珍皇寺―宮川町―瑞泉寺-矢田寺―下御霊神社―京都御苑(堺町御門― 蛤御門―猿ケ辻)―下鴨神社―叡電宝ケ池駅―崇道神社―岩倉山住神社― 宝ヶ池―天寧寺―上御霊神社―裏千家・表千家―白峯神社―一条戻橋― 晴明神社―
引接寺(閻魔堂)―石像寺(釘抜き地蔵)―上七軒―蚕の社―神泉苑(解散)

*行き帰りは、当然自走です!(予定)

道中の詳しい解説は、参加者のるびーさんのHP RuByのお部屋 を参考にしてください。
素晴らしくまとめていらっしゃいます。

とりあえず、当方の撮った写真で 1部を振り返ってみましょう。

①京都らしい風景
P1030070 宮川町の町屋です。 雰囲気がいいですね。


六道珍皇寺
P1030072 奥に見えるのが、「冥土通いの井戸」です。
ここの詳細は、8月6日の日記
今週の出撃 その4(お盆は六道まいり)
http://blitzen.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/__69ae.html
を参考にして下さい。


瑞泉寺
P1030074
一見 さわやかな所ですが・・・
豊臣秀次(秀吉の甥)は、謀反の容疑で自刃に追いやられ、妻子等39人がこの京の三条河原で処刑。。。
そのお墓がここにあるのです。

P1030073 ←解説はこちらでどうぞ(手抜き)
P1030076 これ全部墓です。 P1030077 墓の詳細は、こちらで

おっと!
P1030078 (切腹)を宣伝とは。。。 まさに魔界w


下御霊神社
藤原大夫人・伊予親王
 伊予親王〔桓武天皇の子、平城天皇の弟〕
 平城天皇の大同二年(807)、藤原宗成の勧めにより謀反の意志があったが、発覚した。親王及びその母藤原夫人(ぶにん)吉子は捕らえられ、川原寺に押し籠められ食を断った〔平城天皇は同腹の弟神野親王を太子としたので、伊予はこれを恨んだのである。神野は後に嵯峨天皇と号する。〕。両人は薬を呑んで自殺した。宗成は流罪になり、大納言藤原雄友〔伊予親王の外舅〕は伊予国へ流された。

ここもまた、ずいぶんエグイ歴史がありますね。。。。
P1030081 P1030082  雰囲気も、おどろおどろしい。 夜に再訪問するのは、キツイか?!

京都御苑
P1030084 平日は、こちらの2Fで お茶を頂く事も できるそうです!
P1030083 のどかな風景。
P1030085 何と マンホールは、宮内庁仕様です。
P1030086 御所は広い。 夜間はセンサーが働いているのでしょうか?

下鴨神社
P1030092
「印章祈願祭」を開催していました。 調べてみると・・・・
下鴨神社に全国の印章業者が集い、永年使用した古印章が供養され印納社に奉納されます。
10月1日の「印章の日」を記念して行われ、当日は京都府印章業協同組合の主催の、
十二単衣による王朝の舞や印章彫刻の実演、篆刻無料体験(先着50名)などの印章祈願祭イベントも行われます。
また、抹茶・和菓子の接待もあり、役目を終えた古い印章を持参された方の中から抽選で20名に「手づくり京印章」のプレゼントも行われます。

古印章供養受付:12:00~15:00

後から知るこの悲しさ・・・ 来年は行ってみましょう。

崇道神社
P1030094_1
P1030095 

 桓武天皇の皇弟早良親王(崇道天皇の諱を追尊)を奉祀する旧高野村の産土の社で、その創建年代は貞観年間(859-877年)と伝わるが、詳かでない。
 早良親王は反桓武勢力の中心と目され、延暦4年(785年)に長岡京使藤原種継暗殺事件がおこり、親王も関係ありとされて、淡路へ配流の道中大山崎で怨念を残しつつ憤死された。屍は淡路島に葬られた。
 その後朝廷を始め、都の内外に不吉な事故と奇妙な異変が続発した。これらの怪異天災は親王の怨念の祟りがあると占に出たために、御霊神となった親王の鎮魂の行事が盛んに行われた。 桓武天皇は親王に崇道天皇の追号を送り、墓を山陵とする等した。
 崇道神社は、平安時代に都の鬼門に当たると共に北陸への要衝のこの高野の地に御霊社として登場、親王を祀ることになったのである。

昨年の紅葉シーズンに行ったのですが、こんな所とは・・・・

P1030097 この十字架の意味は? 詳細求む!!

⑧岩倉山住神社
ここは変わっていて、石を祭っているそうです。
P1030099
ここの奥に
P1030098 こちらが 御神体です。

ちなみに、桓武天皇が築いた4岩倉は・・・
北岩倉 山住神社(左京区岩倉)、西岩倉 西岩倉山金蔵寺(西京区大原野石作町)
東岩倉 東岩倉山(左京区粟田口大日町)、南岩倉 明王院不動寺(下京区石不動之町)

にありますので、今後行ってみる事にします。

⑨天寧寺
表門は「額縁門[がくぶちもん]」といわれ、道から門を通して正面に比叡山が眺められる。お寺は曹洞宗で境内の観音堂には、後水尾[ごみずのお]天皇の念持仏聖観音像[しょうかんのんぞう]が安置されている。境内のカヤは昭和62年5月市天然記念物に指定。
P1030101 P1030102
天気が良かったので、比叡山が良く見えます。 CGではありまへんw

上御霊神社
相国寺の北にあるこの神社は平安遷都の折りに非業の死をとげた早良親王(さわら)の御霊を鎮めるために桓武天皇の勅願により御霊を祀る社とされました。のちに光仁天皇殺害の容疑で投獄された井上内親王、謀反を企てた首謀者として捕らえられ伊豆に流された橘逸勢(はやなり)らいずれも無念の死を遂げた8人の神霊を合祀し、祭神八所御霊とされました。
また応仁元年(1467)ここに陣を敷いた畠山政長と義就の合戦が起こり、これが応仁の乱の発端となりました。鳥居のそばに「応仁の乱発祥の地」の碑が建っています。
古社の風格漂う閑静な神社です。
P1030106

白峯神社
平安時代から代々蹴鞠の家元とされてきた、飛鳥井家の邸宅があった場所。そのため境内には精大明神という蹴鞠の神様が祭られているからなのです。 
Jリーガーが参拝するので有名なのですが、球技全般・スポーツ関連で参拝される方が多いそうです。
P1030117 P1030124_1

幹事のTOMさん・BINさんの企画力なのか、レアな 蹴鞠を見ることができました。
サッカーボールに比べ、全然弾まないはずですが、 かなり上手かったです。
結構練習しているのではないですか?

⑫戻り橋&晴明神社
晴明神社に行く前に、現在の「戻り橋」に寄って見ました。
P1030128

次に 晴明神社にあります (旧:戻り橋)を見てみましょう。
P1030130 当然ながら、(旧)の方が雰囲気がありますね。

石像寺(釘抜き地蔵)
弘法大師が唐から持ち帰った石を刻んだとされる地蔵を祀る。この地蔵が、人々の身体や心の苦しみを抜き取るということから苦抜き(くぬき)地蔵、そして釘抜地蔵と呼ばれるようになった。お堂の周りには、釘や釘抜きが付いた絵馬が数多く掲げられている。境内へは気軽にお参りができる。

ここは入り口から、楽しませてくれます。
P1030135
お寺で、この様な物を飾っている所は初めてです。 せっかくなら、英語Verでもあると受けると思います。

さて中ですが
P1030139 P1030137 雰囲気ありますね~

蚕の社「木嶋坐天照御魂神社」
古墳時代に朝鮮半島から渡来し、日本に養蚕・機織・染色・醸造などの技術を伝えた秦氏ゆかりの神社です。
本殿東側に、
養蚕(こかい)神社があり、特に製糸業者の参拝があるそうです。
P1030141

また、こちらの神社で変わっているのが、三柱鳥居です。

鳥居を三つ組み合わせた三方正面の珍しい形式です。
P1030143

⑮神泉苑
こちらで有名なのは、
*源義経と静御前が出会ったところ
*小野小町も神泉苑で雨乞いの歌を奉納したそうです。

ことはりや
 日の本ならば
   照りもせめ
 さしとてはまた
    天か下とは

P1030150 綺麗なところですね~
ここの池にいる 鯉(?)は、人間が近寄ると 餌をくれると思い寄ってきます。

「池に指を突っ込んで、魚を呼ぶ」 

なんて事は よいこのみんなは、マネをしちゃだめだぞ (´∀`)9 ビシッ!

その後 飲み会 反省会に参加した所 かなり面白かったです。
結局 お店には4時間ぐらいいた様な・・・・・

解散後は、自走で帰りました(;´Д`)

走行距離:48Km  大人数で初めて走りましたが、いいもんですね~

|

« 今週の出撃 (登山→献血→温泉) | トップページ | 「どうして朝マックメニューは朝しか買えないのだろう」マックが朝食メニューを終日提供へ…米 »

コメント

いやあ,力作でつなあ。するどぴ観察力と好奇心はさすがですつ!わがTOM&BIN倶楽部のツアーの語り部として,ニューウェーブの登場でつ!
ライオンキングならぬ「裏道キング」をめざして,よりいっそうの精進をいたしまつ!ありがとうございました。

投稿: TOM | 2006年9月28日 (木) 21時53分

いえいえ クオリティにばらつきがありますのは、ご愛嬌と言う事で(汗)
下書き段階で、るびーさんに先を越されてしまった為 同じ事を書いても面白くないので やり直しました。

それが失敗でしたね。。。 お持ち帰り(謎)のせいなのか? 不運な事故が相次ぎ その都度 文章がパー(泣)

その割には、下らないネタはなんとも無かったのですが?!

遅くなり申しわけありません・・・

投稿: 山科の暗黒卿 | 2006年9月28日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の出撃 (京都魔界探訪ツアー):

« 今週の出撃 (登山→献血→温泉) | トップページ | 「どうして朝マックメニューは朝しか買えないのだろう」マックが朝食メニューを終日提供へ…米 »