« ペダル交換(MKS EZY) & HIRAME | トップページ | NHKをだまして受信料を払わない人には、3倍の額を請求します »

2006年12月17日 (日)

今週の出撃 京都ポタ(緑寿庵清水→晴明神社→DAHON故障)

風邪を引いてどうもだるいのですが、かと言って出かけないのは意味が無い(*´д`;)…
という訳で? 近所ですが出撃です。

①カフェ ジョワ
目的地に行く際に、 蹴上→南禅寺→哲学の道 を通ります。
哲学の道にて、自転車の特権を生かし わざと観光客が絶対に来ない裏道に入ります。
そこで喫茶店を発見。
P1030682
お店のご主人と話した所、殆ど趣味で営業している模様(?)
営業日は、 土日祝 のみです。
ちなみに、殆ど 他人様の家に上がる感じです。
床がフローリングの為、毛皮のスリッパを履くのが面白いw
店内にはピアノがあるので、自由に弾いて良いそうです。 

②緑寿庵清水(金平糖専門店
某所への挨拶用に、(通販で扱わず、店頭のみ販売)の物をGETの為、行ってみました。

金平糖のマメ知識でも

「金平糖(こんぺいとう)」は1546年にポルトガルから日本に伝えられました。その珍しい菓子は、織田信長も宣教師から贈られたそうです。 製造法はいっさい秘密にされ、高貴な人々や時の有力者しか口にすることのできない非常に貴重な菓子でした。

日本で金平糖が作られるようになったのは、その製法が長崎から京都・江戸へ広まって以降のことです。

金平糖(こんぺいとう)は、氷砂糖に水を加えて煮詰めて作ります。ぐるぐると回転する鍋を熱しながら、金平糖の核となるケシ粒を入れます。このケシ粒に熱い蜜を少量ずつかけながら回転させ、2週間以上かけて少しずつ粒を大きくしていくのです。大変な根気と、長年の経験による感覚が必要な作業です。
最近では、伝統的な製法は少なくなり、手作りで金平糖を作る専門店は京都でも一軒のみです

参考:京都こだわりどっとこむ

さすがに有名店! ひっきりなしに、お客さんでいっぱいです。 店内の写真は撮れませんでした。
P1030683
お値段もそれなりに高級ですので、みやげ物で買いに行かれる際は お金を余分に持って行きましょう。

PS 当方の JET STREAMは、さっそくぶっ壊れました(爆) 
がたつきが酷くなり、乗っていると(パンク)でもしている様な感覚・・・
某ショップにてとりあえず見てもらいましたが、ハンドルの折り畳み内部が逝っている様で、ハンドルポスト部分の折り畳みができないので 分解&調整も不可能です。Σ(´д`;*) 
お店で購入していないので、メーカーとの折衝はしてくれない模様。
保証書があるんだから、家電みたいに修理受付しても良いはずだが。。。

さーて明日から、販売店&輸入元 へ問い合わせでもしましょう。 
年末年始で楽しみが増えたので、楽しみです( ´,_ゝ`)プッ

販売店(正規取り扱い店)は逃げると思うので、今後の展開も想像でき(略)

|

« ペダル交換(MKS EZY) & HIRAME | トップページ | NHKをだまして受信料を払わない人には、3倍の額を請求します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の出撃 京都ポタ(緑寿庵清水→晴明神社→DAHON故障):

« ペダル交換(MKS EZY) & HIRAME | トップページ | NHKをだまして受信料を払わない人には、3倍の額を請求します »