« 【HDD】現行の10倍のハードディスク大容量技術を開発…山形富士通 | トップページ | 「必死に体勢を立て直す隊員」 白バイが観客席突っ込む、カメラがとらえた瞬間(動画あり) »

2007年1月12日 (金)

【新技術】テレビ音量を均一化 ドルビーが人間の耳の機能をモデルに新技術「ドルビー・ボリューム」を開発

★TV音量を均一化~ドルビーが新技術を開発

 オーディオ技術開発の先駆者であるドルビー・ラボラトリーズ(サンフランシスコ)は
このほど、テレビのチャンネルや番組、CMの音量を均一にする「ドルビー・ボリューム」と
呼ばれる新技術を開発した。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、既存のテレビはチャンネルや番組、
CMによって音の大きさが異なり、不快感を感じる人もいる。
 政府は放送音量の上限を規定しているが、番組など制作者の中には目立つよう
他の番組より音声が大きく聞こえる技術を使う例があるほか、チャンネルによって
音量に対する価値基準が異なっていたり、機材が適切に作動されない例もある。

 この問題を解決しようと、これまでも独自技術を使って挑戦した企業もあった。
しかし、その技術自体が騒音を生むという問題があった。
 ドルビーの新製品は、デシベル単位で測定される音波エネルギーだけでなく、
音の高さや音質によって音の大きさの変化を感知する人間の耳の機能を
モデルにして新技術を生み出した。
 同社は、まずより正確に音の大きさを測定する方法を開発し、それに対応して
音量を変え制限する技術を編みだした。
 今後の目標は、半導体やテレビ・メーカーなどに同技術を売り込むことで、
独自の音量均一化機能を持つ半導体を開発したシーラス・ロジック
(テキサス州オースティン)との提携もあるのではないかと考えられている。

U.S.FrontLine http://www.usfl.com/Daily/News/07/01/0111_010.asp?id=52112

深夜など CMの音が大きく、わずらわしい事が多いので こういう技術は大歓迎です。
もっとも、いたちごっこの様な気もしますが?!

|

« 【HDD】現行の10倍のハードディスク大容量技術を開発…山形富士通 | トップページ | 「必死に体勢を立て直す隊員」 白バイが観客席突っ込む、カメラがとらえた瞬間(動画あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【新技術】テレビ音量を均一化 ドルビーが人間の耳の機能をモデルに新技術「ドルビー・ボリューム」を開発:

« 【HDD】現行の10倍のハードディスク大容量技術を開発…山形富士通 | トップページ | 「必死に体勢を立て直す隊員」 白バイが観客席突っ込む、カメラがとらえた瞬間(動画あり) »