« ネクターやレモンスカッシュなど サッポロ飲料が販売全面休止 2月1日から | トップページ | PC-Successのサクセスが破産発表を予告、一時本社は騒然 »

2007年1月30日 (火)

"幻のジュース" ネーポン、製造中止に…1人で手作りしてきたおばあさん、体力的な理由で廃業決める

★“幻のジュース”ネーポン製造中止に 来月末

・一部で根強いファンがいる“幻のジュース”が二月末、約四十年の歴史に幕を閉じる。
 神戸市兵庫区の「ツルヤ食料品研究所」で製造されてきた、オレンジ風味の清涼飲料水「ネーポン」。十年前から一人で作り続けてきた上田安子さん(68)が、体力的な理由などで廃業を決めた。上田さんは「多くの人にかわいがってもらったが、仕方がない」と名残を惜しむ。

 同研究所は一九五四年に創業。元は製菓店で、ジュースや甘酒も作っていた。ネーポンの誕生は六三年ごろ。創業者だった上田さんの義父が、ネーブルとポンカンの果汁を混ぜて考案。現在はオレンジの果肉などを原料に作り、工場での直接販売のほか、市内の駄菓子屋や銭湯、喫茶店などに卸している。

 製造は今も手作業。原料をタンクに入れて、一度に六百本分を調合する。配合のレシピなどはなく、長年の勘だけが頼り。回収した瓶は高温で殺菌消毒し、一本一本瓶詰めする。ほかにも約二十種類の飲料を製造しているため、注文が重なると休む間もないという。

 ネーポンは九四年ごろ、テレビ番組で紹介され、一気に全国に知られた。県外からの注文も増えたが、九五年一月の阪神・淡路大震災で得意先が十分の一に激減。翌年に夫が亡くなり、上田さんが一人で生産を続けた。インターネット販売も行っているが、売り上げが伸びず、廃業を決めたという。

 「四十年間守ってきた味を途切れさせるのは正直、寂しい」と上田さん。それでも、後を継ぎたいと訪れる若者などがいるといい、「うちにしか作れない味。製造を続けたいという人がいるなら、時間はかかっても伝授したい」と話している。(一部略)
 http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/ko/0000220099.shtml

Photo_51 名残惜しそうにネーポンを見つめる上田安子さん=ツルヤ食料品研究所

名前は以前から、雑誌などで聞いていましたが まだ未経験です。
これも早いうちに手を打たないと・・・・

|

« ネクターやレモンスカッシュなど サッポロ飲料が販売全面休止 2月1日から | トップページ | PC-Successのサクセスが破産発表を予告、一時本社は騒然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "幻のジュース" ネーポン、製造中止に…1人で手作りしてきたおばあさん、体力的な理由で廃業決める:

« ネクターやレモンスカッシュなど サッポロ飲料が販売全面休止 2月1日から | トップページ | PC-Successのサクセスが破産発表を予告、一時本社は騒然 »