« 今週の出撃  では無く、今年の献血初め | トップページ | <アップルコンピュータ>iPod付き携帯電話発売へ »

2007年1月 9日 (火)

カシオの電卓、累計販売台数が世界初の10億台突破

カシオ計算機は9日、電卓の累計販売台数が2006年12月末に、世界で初めて10億台を超えたと発表した。

第1号機は1965年発売の「001」で、価格は38万円だった。72年に発売した「カシオミニ」は、当時主流だったものに比べて大きさが4分の1、価格は3分の1以下の1万2800円と画期的で、企業だけでなく一般家庭に電卓が普及する契機になったという。

電卓の世界需要は年間1億4000万台とされ、このうちカシオは120か国以上で約3600万台を販売している。携帯電話に電卓機能も搭載されるようになり「小型化よりも、分数を表示できる関数電卓など機能面を強化している」という。

(2007年1月9日18時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070109i412.htm

10億台とはすごいですね。 ではここでカシオ計算機について、調べてみました。

 カシオは、厳しい電卓市場の競争を生き抜いた数少ない企業の1つである。
 同社の歴史は、1946年に樫尾忠雄氏が東京三鷹に樫尾製作所を立ち上げたことから始まった。機械加工の仕事を終え、従業員が帰宅したあと、樫尾4人兄弟は計算機の開発に取り組み、1954年12月に国産初のソレノイド式計算機を完成させる。その後、1957年6月には独自開発したリレー素子、独自アイデアによる直列演算回路、二・五進法を採用した純電気式計算機「141-A型」の開発に成功する。開発を契機にカシオ計算機株式会社を設立、同年11月に東京大手町のサンケイ会館で「141-A型」の発表会を開催、発表会は大盛況に終わり、官庁や研究所、大企業へ納入されシェアを拡大していった。その後、「141-B型」、「301型」、「TUC」、「AL-1型」など革新的な機種を次々と開発し、国内における計算機分野の独壇場を築いていった。
その後、計算機の電子化の流れが始まったが、当時リレー式計算機で大きなシェアを持っていたカシオはその取り組みが若干遅れた。しかしその後本格的な研究に着手し、1965年4月最初の電子式卓上計算機「001型(38万円)」を発売する。
技術面ではシャープの後塵を拝することが多かったが、マーケッティング面では積極的な行動を行った。
販売戦略として1969年7月に、当時国内約3万店の文房具販売網と世界87ヶ国の販売総代理店を有していたパイロット万年筆と、電子式卓上計算機について日本を含む全世界での販売提携を結ぶ。
また1960年代後半から1970年代に入り電卓メーカーも乱立し激しい競争が繰り広げられていた中で、1972年8月には業界の常識を破る12,800円という価格で「カシオミニ」を発売し、大きな波紋を呼んだ。

電卓博物館より抜粋
http://www.dentaku-museum.com/calc/calculator/casiod/casiod.html

上記に出てくる機種ですが、
市販第1号 14-ACasio14a
Casiomini01_2 懐かしのカシオミニ

昔の電卓も大きさと言うハンディがあっても、味わいがあるかと!

|

« 今週の出撃  では無く、今年の献血初め | トップページ | <アップルコンピュータ>iPod付き携帯電話発売へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシオの電卓、累計販売台数が世界初の10億台突破:

« 今週の出撃  では無く、今年の献血初め | トップページ | <アップルコンピュータ>iPod付き携帯電話発売へ »