« 「映画」 トラ・トラ・トラ! について | トップページ | 【都知事選】「政府転覆しかない」「当選したら私もビビる」…外山恒一氏の政見放送(動画あり) »

2007年3月25日 (日)

ポケベル、Lモード、消えゆくIT先駆けツール PHSは当初とは異なる用途の市場開拓に成功

先週は、大分・別府に旅行に行き 予想外に金を使い過ぎてしまった為 本日は自宅待機ですorz

さて本日のネタですが

 かつて「新しいコミュニケーション手段」として脚光を浴び、多くの利用者を集めた
情報通信サービスが、相次いで終了する。NTTドコモは今月末にポケットベルを、
来年にはPHSを停止。ニフティのコミュニティーサービス「フォーラム」も今月いっ
ぱいで閉鎖される。このほか、NTT東西の固定電話向けインターネット接続サービス
「Lモード」も来年以降の撤退が決まるなど、変化の激しい通信業界の栄枯盛衰を映し
出している。
≪ベル友よ3470(さよなら)≫

 昭和43年にサービスを開始したポケベルは、一斉同報で大勢を呼び出せる便利さから、
医療機関や警察、報道機関関係者、企業の営業担当者らへ普及していった。
 62年に数字や記号のメッセージ表示機能が追加されると、女子高生らの間で、数字の
語呂合わせでメッセージを送る遊びが大流行。「ベル友」同士が公衆電話で「0840
(おはよう)」「3470(さよなら)」「14106(愛してる)」と“早打ち”
する姿は社会現象となった。
 平成5年のテレビドラマ「ポケベルが鳴らなくて」は、ポケベルで交流する中年男性と
若い女性の不倫がテーマ。老若男女がポケベルに熱中した世相を反映した。
 ピークの8年には1078万人まで利用者が膨らんだが、PHSや携帯電話に市場を奪われ、
ドコモでは今年2月末で14万人弱に落ち込み役割を終えた。

 ≪華麗に変身PHS≫

 7年に登場したPHSも、携帯電話に顧客を奪われ、ドコモは来年中にサービスを終了する。

 しかし、利用者が激減するなかで、ウィルコムがネット接続向けの高速データ通信サービスと
いう、当初とは異なる用途の市場開拓に成功。いち早く投入した定額制サービスが受け、440万人
を超す利用者を抱えるまでに復活した。
(続く)
■ソース(産経新聞)(上野嘉之)
http://www.sankei.co.jp/keizai/it/070325/itt070325000.htm


PHS終了については、3月14日の日記に書いたのですが Lモードも終わるんですねw
Lモードは、NTT東・西日本が 子会社のDOCOMOの Iモード を 参考(真似?)して始めたサービスです。
Lモード公式サイト http://www.ntt-east.co.jp/Lmode/index_fl.html

確か私の実家が FAX内臓電話機を買い替えの際 Lモードが搭載されていたので、使っていたのを思い出しました。
Lモードメールは、 

「ご利用電話番号@pipopa.ne.jp」
   …(例)0312345678@pipopa.ne.jp
「マイアドレス(お客さまが任意に選ぶアドレス)」
   …(例)ntt.hanako@pipopa.ne.jp
2種類のメールアドレスのいずれか、またはお客さまの選択によって併用することもできます。

当時はなんとダサイドメインかと思っていましたwww 
でも今考えると、固定電話ですからね。 間違いでは無いですね。
(´-‘).。oO(大昔の、プッシュホンのサービス開始を思い出す・・・・・・・・・)

時代背景的に、

「Iモードがあるのに、いらんだろうwww」

と言う風潮でしたね。 *CMは黒木瞳 が出ていた様な・・・・

その後、 Lモードのメインターゲットである
高齢者(50以上)
子供
までが、携帯電話を持つと思わなかった NTTの判断ミスでしょうね。
もっとも、ここまで携帯電話が普及するとは皆思わなかったでしょうしw
DOCOMOのファミリープランを筆頭に、「家族間メール無料」と言うサービスが当たり前ですので、もうLモードの存在意義は無くなりましたね。

今更ながら、 Lモードを単独で立ち上げずに (Iモード)を使い回せば良かったと 当時も感じていましたが、 費用的にどうだったんでしようかね?

また似たようなサービスで、 カーナビで Iモード接続サービスがありました。
これだw http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/html/outline/inavi.html
自分が使っていた アゼストのナビはこれでしたw
http://response.jp/feature/2000/0609/31mnr_ha0609_01.html

確か CMC9600と言うユニットとナビ本体、そして Iモード携帯(確か P501ISを接続した覚えが)と直結し
*ハンズフリー通話
*位置情報をメール送信(ナビで!)
*Iモードメールを受信したら、機会音声で自動で読む(爆)
*暇な時は、ブラウザ機能を使い HPも見れる
結構便利でした。

もっとも、当時は パケット代が高かったので ブラウザは余り使わなかったですね。
メール自動受信は良かったですよ。
その時代は、迷惑メール対策が一切されない時代でしたので

助手席に載ろうが載らないが、来たメールを読む。
そうです、 猥褻な内容でも 勝手に読むのです"(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ プルプルッ"
まあ、かなり笑いは取れたので元は取れましたね。

現在 運転中の通話は禁止ですので、また復活して欲しいです!


PS 今でも アゼスト(クラリオン)のナビは、酷道へ容赦無く案内してくれるので愛用していますw
でも 昔のDVDの頃だと 「クラリオンガール」の タメ口での案内があったのですが、今はありません。
人によっては不愉快かもしれませんがw、個人的には好きだったんですけどね。
また復活して欲しいです。

他にも、消滅した笑える技術は多いと思うので、探してみたら面白そうです。

|

« 「映画」 トラ・トラ・トラ! について | トップページ | 【都知事選】「政府転覆しかない」「当選したら私もビビる」…外山恒一氏の政見放送(動画あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポケベル、Lモード、消えゆくIT先駆けツール PHSは当初とは異なる用途の市場開拓に成功:

« 「映画」 トラ・トラ・トラ! について | トップページ | 【都知事選】「政府転覆しかない」「当選したら私もビビる」…外山恒一氏の政見放送(動画あり) »