« 「国の借金」832兆円、1人当たり651万円に…過去最大を更新 | トップページ | ポケベル、Lモード、消えゆくIT先駆けツール PHSは当初とは異なる用途の市場開拓に成功 »

2007年3月24日 (土)

「映画」 トラ・トラ・トラ! について

昨晩は、 1週間ぶりのトレーニングになりまして 気合を入れて
デッドリフトを120Kgでやり続けた結果、今日は凄まじく体がだるいですorz

今日は、ビーパックスさんでコーティングの手直しをしてもらっただけで、自宅待機です(爆)  腰が・・・

自宅へ戻りましたら、某筋から入手した本が届いていました。
「黒澤 明  VS ハリウッド   トラ・トラ・トラ! その謎のすべて」
いやーこの本は、中身が濃いです。

個人的に好きな映画の中に、 「トラ・トラ・トラ!」があります。 MAXの曲じゃないですw
以前から話があります様に、当初日本側監督に、黒澤 明 が担当しておりましたが、製作途中に謎の降板をしています。
それについて、追求した本です。
このあたりの顛末については、下記でどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%21

映画を見た方なら判って頂けると思うのですが、
この本の内容としては

内容(「BOOK」データベースより)
クロサワに編集権はあったのか?クロサワは本当に「総監督」だったのか?クロサワは本当にノイローゼだったのか?クロサワが描きたかった山本五十六の悲劇とは?そしてアメリカで発掘された謎解きの鍵とは?『虎、虎、虎』最後の真実がいま明かされる。


内容(「MARC」データベースより)
幻の大作「虎 虎 虎」で黒沢明が描きたかったのは何か? その試みは、何故「解任」という無惨な挫折に終わったのか? アメリカ側の新資料を整理し、「トラ!トラ!トラ!」の謎を解く鍵のかずかずを提供する。


とかなりそそられます。


また当方はDVDも以前購入し、周囲に「買え」と強制しております(爆)
(パール・ハーバー:特撮以外はあれは酷い出来です。)と比べても、見劣りしません。
Tora3 Tora4

しかし、あれも欠点がありまして 米国公開版なんですよね・・・
日本公開版にあった、 (渥美 清のコック)が見れないんですね。
果たして、日本公開版を見ることは出来るのでしょうか?!
大昔地上波放送では、日本公開版+α だったらしいです。

PS LD版持っておられる方がいらっしゃいましたら、是非キャプチャーをお願いします。

|

« 「国の借金」832兆円、1人当たり651万円に…過去最大を更新 | トップページ | ポケベル、Lモード、消えゆくIT先駆けツール PHSは当初とは異なる用途の市場開拓に成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「映画」 トラ・トラ・トラ! について:

« 「国の借金」832兆円、1人当たり651万円に…過去最大を更新 | トップページ | ポケベル、Lモード、消えゆくIT先駆けツール PHSは当初とは異なる用途の市場開拓に成功 »