« 「来てニャン」 サムライネコ“ひこにゃん”、泣いたり逃げたりする子供がいるのが悩み & ジャンボひこにゃんパン登場   | トップページ | 【佐賀】ETCの開閉バーに車45台が接触 機器の設定ミスでバー開かず 西九州自動車道 »

2007年3月10日 (土)

「献血」初の500万人割れ

1年間の献血者数(延べ人数)が昨年、初めて500万人を下回ったことが厚生労働省の調べでわかった。
少子化などで若者による献血が減少する一方、安全対策の強化で献血対象者を一部制限していることも影響。
このままでは、将来、必要な献血量が確保できなくなる恐れもある。厚労省と日本赤十字社は、献血可能な年齢(16歳以上)に達していない小学生から献血への関心を高める取り組みをするなど、献血者の確保に躍起になっている。
厚労省によると、献血者数は漸減傾向にあり、昨年は約498万8000人(速報値)と、前年の約532万人を大幅に下回った。特に減少が著しいのが10~20代の若年層。20代は94年に206万7500人で、献血が最も多い世代だったが、昨年は119万人となり、30代の136万人を下回った。10代も94年には96万2500人だったが、昨年は38万人まで落ち込んだ。
少子化に加え、寝不足や食生活の偏りが目立つ高校生の健康を心配し、集団献血に消極的な学校が少なくないことが背景にあるという。
安全対策の強化も結果的に減少の要因となっている。変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を巡り、日本人初の感染者の渡航歴をもとに80~96年の間、英国に1日以上滞在していた人の献血制限を05年6月から実施。この制限の影響で1年間に献血者が推定約14万人も減少したとみている。
厚労省は減少傾向を食い止めるため、05年度から将来の献血を支える「献血構造改革」を開始。
5年先をめどに▽10~20代の献血者数を40%に増やす(05年度33%)▽集団献血協力企業の倍増(同2万4220社)▽年に複数回献血するリピーターを全体の35%まで増やす(同27.5%)目標を立てている。

*+*+ MSN-Mainichi 2007/03/10[15:00] +*+*
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070310k0000e040064000c.html

趣味で献血は高校時代より続けていますが、結構若者が多く来ているイメージがありましたが 
トータルで考えると少ないとは意外でした。
昔は、図書券をくれたりサービスが良かったのですが 何でも 「売血に当たる」という判断があるようで 
今はなくなっていますね・・・・

景品はどうでも良いのですが、複数回の表彰 等は復活して欲しいですね。

|

« 「来てニャン」 サムライネコ“ひこにゃん”、泣いたり逃げたりする子供がいるのが悩み & ジャンボひこにゃんパン登場   | トップページ | 【佐賀】ETCの開閉バーに車45台が接触 機器の設定ミスでバー開かず 西九州自動車道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「献血」初の500万人割れ:

« 「来てニャン」 サムライネコ“ひこにゃん”、泣いたり逃げたりする子供がいるのが悩み & ジャンボひこにゃんパン登場   | トップページ | 【佐賀】ETCの開閉バーに車45台が接触 機器の設定ミスでバー開かず 西九州自動車道 »