« “昆虫学最大のミステリー” 南京虫、全米で大発生 | トップページ | 気管支肺炎 »

2007年4月10日 (火)

製作19年、庭に1/23スケールのミニ「姫路城」完成 材料費約1800万円(画像あり)

伊勢市円座町の井村裕保さん(69)が自宅庭で製作してきた二十三分の一の
ミニチュア姫路城が十九年の歳月を経て完成した。
語呂合わせで「城の日」とする六日夜に式典が開かれ、関係者らが“築城”を祝った。

少年時代にグラビア雑誌で見て以来、姫路城の魅力に取りつかれた井村さん。
四十七歳の誕生日に妻の郁子さん(66)から写真集を贈られたのを機に製作を決意した。
山並みを背景にしようと土地を購入。忠実に再現するために資料を読み込んで
設計図を書いた。

面積は約百六十五平方メートル。天守閣の高さ約二・五メートル。材料費約千八百万円。
壁は繊維強化プラスチック製で、石垣や樹木は本物にこだわった。
井村さんは「やると決めたらとことんこだわろうと決めた。
ずっと胸に抱いていた夢がついに形になった」と感慨深げ。

式典では、城の近くに設けた特設舞台でギター演奏やコーラス、能の披露などが
繰り広げられ、完成を祝福。
「白鷺城」は照光器五基にライトアップされて夜空に浮かび上がった。

中日新聞 http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20070407/CK2007040702006627.html

Photo_80
2月、完成間近のミニチュア「姫路城」で作業をする井村さん=伊勢市円座町で

Photo_81
完成を祝いライトアップされたミニチュアの姫路城と井村裕保さん(右)=伊勢市円座町で
初め 失礼ながら、しょぼいのかな?と思いましたが 写真を見てビックリ!

他にも写真があったので、見てみましょう。
Photo_82 Photo_83 Photo_84
本物に見えますね~ 是非実物を拝見したい物です。

|

« “昆虫学最大のミステリー” 南京虫、全米で大発生 | トップページ | 気管支肺炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製作19年、庭に1/23スケールのミニ「姫路城」完成 材料費約1800万円(画像あり):

« “昆虫学最大のミステリー” 南京虫、全米で大発生 | トップページ | 気管支肺炎 »