« (単行本)ザ・スターリン伝説―スキャンダル・スクラップ集(1981‐1985) | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 »

2007年4月13日 (金)

【裁判】 「マンションの更新料は、消費者契約法違反だ」 京都の男性が提訴

★「更新料は消費者契約法違反」 京都の男性が提訴

・マンションの賃貸契約を更新するたびに請求される「更新料」は消費者契約法
 違反にあたるなどとして、京都市北区の男性会社員(52)が13日、同市下京区の
 マンション経営者に50万円の返還を求める訴訟を京都簡裁に起こした。京都敷金・
 保証金弁護団によると、同法を根拠に更新料の返還を求める訴えは全国で初めて
 という。

 会社員は00年8月、左京区のマンションを月額4万5000円で借りる契約を
 経営者と結んだ。1年契約の更新時に10万円を支払う条項があり、昨年11月
 までに5回計50万円の更新料を支払った。

 訴状によると、更新料は住宅事情が悪かった時代に賃貸者が押しつける形で
 始まった慣行で、消費者の利益を一方的に害すると主張。1年契約で月額家賃の
 2.2倍の更新料を求める条項は、消費者契約法や公序良俗に反するとしている。

 http://www.asahi.com/national/update/0413/OSK200704130027.html


*1年更新
*更新料10万
とはエライがっついてますなw

以前業務で(社宅業務)をやっていましたが、ここまで凄い大家との契約は無かったです。
それにしても、どの業者も 退去時の原状回復修理代が ほぼ 敷金相当なのがほほえましいw
退去時の敷金返還問題で 良く話し合いを行いましたが 結局は半額しか取り戻せませんでした。

*首都圏は、2年更新・更新料1年・退去時は借主がクリーニング代負担 と契約書へ記載が多いです。 

本来は、(毎月の家賃の中より、補修費は積み立て)(敷金は、家賃の滞納に当てる)が大前提ですけど。
まあ、達人の様には中々orz
でも使い方が酷く、室内を汚損したり、破壊する人が少なからず存在するので ある程度仕方ないですね。

今回の更新料の返還問題は、今後の契約内容に影響が出そうなので判決は要チェックです。

(´-‘).。oO(そもそも、何でこんな物件を契約したんだ?・・・・・・)


~おまけ~
借地借家法のリンクを張っておきますので、お暇の時にでも読んで見てください。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H03/H03HO090.html
もしもの時に役に立つかも?

|

« (単行本)ザ・スターリン伝説―スキャンダル・スクラップ集(1981‐1985) | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【裁判】 「マンションの更新料は、消費者契約法違反だ」 京都の男性が提訴:

« (単行本)ザ・スターリン伝説―スキャンダル・スクラップ集(1981‐1985) | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 »