« 【駅売店】「キヨスク」→「キオスク」へ JR東日本 | トップページ | ラオウの葬儀、高野山東京別院で…「北斗の拳」関係者集う »

2007年4月 6日 (金)

「定額制なのに、気がついたら携帯のパケット代が100万円超に!」等の苦情相次ぐ

・携帯電話の契約でパケット通信を定額制にしたはずなのに、高額の料金を請求された―。
 そんな苦情が相次いでいることが5日、国民生活センターの調査で分かった。
 携帯電話をパソコンに接続してパケット通信を行うと、定額制の対象外になることを
 知らずに利用したケースが多く、数時間分で100万円程度の請求を受けたケースもあるという。

 センターによると、パケット通信に関する相談件数は2002年度に139件だったが、
 05年度は873件に急増。06年度も前年度を上回る見込みだ。
 20代の男性は携帯電話をケーブルでパソコンにつなぎ、6時間ほどインターネットに接続したら、
 携帯電話会社から98万円を請求された。4日間で約52万円を請求されたり、
 就職活動のため頻繁にパケット通信を使って120万円請求された例も。いずれも利用者は
 「契約時に詳しい説明がなかった」と訴えているという。

 パケット通信料は、やりとりするデータの量で決まるため、動画などデータ量の多いサービスを
 使えば、短時間でも高額になる可能性がある。センターは「携帯電話のカタログなどには、
 契約条件が記載してあるが、文字が小さく不親切なものが多い。
 重要な事項はもっと分かりやすくすべきだ」と指摘している。
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20070405039.html

これは自業自得でしょうw
昔の (パケ死)の連中を思い出します。 
契約書に書いているのもありますが、常識と思ったのですがそうでもないのですね。
一ヶ月 120万超の請求が来たら((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

恐らく今回の被害者(?)は、間違いなく分割で支払う事になるでしょうね。Ω\ζ°)チーン

|

« 【駅売店】「キヨスク」→「キオスク」へ JR東日本 | トップページ | ラオウの葬儀、高野山東京別院で…「北斗の拳」関係者集う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「定額制なのに、気がついたら携帯のパケット代が100万円超に!」等の苦情相次ぐ:

« 【駅売店】「キヨスク」→「キオスク」へ JR東日本 | トップページ | ラオウの葬儀、高野山東京別院で…「北斗の拳」関係者集う »