« 【アメリカ】自転車で転倒 頭をトラックにひかれた男性 ヘルメットのおかげで無事 | トップページ | 「天才バカボン」に出てくる「ウナギイヌ」、浜松市のマスコットに »

2007年5月17日 (木)

【富山県警】パトカーが、法定速度時速60キロの国道を124キロで走行…オービスに撮影される

県警は十六日、法定速度時速六十キロの富山市小西の国道8号をパトカーが百二十四キロで走行し、速度違反自動取締記録装置(通称オービス)に撮影されていたと発表した。法令が定める緊急車両の最高速度八十キロを四十四キロ上回っており、県警監察官室は「正当な業務行為とみられるが、道交法違反に当たらないか調査する」としている。

県警によると、撮影されたのは四月三十日午前零時四十分ごろで、パトカーを運転していたのは富山北署の男性巡査部長(59)。別の男性巡査部長(57)も乗っていた。自動車盗難事件で緊急配備の指令を受け、逃走車両の摘発に向かう途中でオービスに撮影された。十五日に撮影フィルムを現像し判明したという。

道交法施行令は、パトカーなど緊急車両の最高速度を一般道で時速八十キロと定めている。 一方、刑法は正当な業務による行為は罰しないとしている。緊急車両は一部のケースを除き赤色灯を点灯しサイレンを鳴らさなければならず、同室は「赤色灯、サイレンが使用されていたか、速度超過が正当な業務行為によるものか詳しく調べる」としている。

北日本新聞:2007年05月17日
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20070517/4806.html


通常なら(もみ消す)はずの所を、公表したのは驚きです。 もっとも、富山県警は先日も不祥事があったので、そのせいかも?
個人的には、今回(本当に緊急走行)の為なら多めに見ましょう。

その代わり・・・・

*キチガイの様な違法改造の軽
*暴走族(グラチャン仕様は、嫌いじゃないので無罪)
*無灯火車両

をスルーしないwで、捕まえて下さい。

|

« 【アメリカ】自転車で転倒 頭をトラックにひかれた男性 ヘルメットのおかげで無事 | トップページ | 「天才バカボン」に出てくる「ウナギイヌ」、浜松市のマスコットに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【富山県警】パトカーが、法定速度時速60キロの国道を124キロで走行…オービスに撮影される:

« 【アメリカ】自転車で転倒 頭をトラックにひかれた男性 ヘルメットのおかげで無事 | トップページ | 「天才バカボン」に出てくる「ウナギイヌ」、浜松市のマスコットに »