« 【海外】凶暴な黒猫の居る家への郵便配達を中止【カナダ】 | トップページ | スーパー万引き犯に「見せしめの刑」 米アラバマ州 »

2007年5月 7日 (月)

「世界で特に売れなかったゲーム機」ワースト10、それぞれの分析

・特に売れなかったゲーム機のワースト10。日本でしか発売しなかったゲーム機は
 カウントされていないので、日本市場での印象とは異なった結果が出ています。

■第10位:ドリームキャスト
 北米市場ではサターンなどの評判が悪かったので投入されましたが、わずか3年程度で
 終わってしまいました。
■第9位:PCエンジン
 日本でそこそこの成功をおさめ、北米でも発売されました。しかし、広告戦略の失敗などによって敗北。
■第8位:セガサターン
 プレステの登場するちょっと前に発売されましたが、やはり3年程度しか持ちませんでした。
 価格が高かったこと、ソフト開発が難航したことにより、プレステに駆逐されてしまいました。
■第7位:メガCD
 拡張機器としてはかなり高価で、600万台しか売れずに命を終えました。また、セガの
 サポートがかなり悪かったらしく、セガブランドは評価を下げていったそうです。
■第6位:3DO
 エレクトロニック・アーツの創始者が設計し、ハードウェアとしての能力はかなり高かったの
 ですが、やはり高い価格が足を引っ張ったようです。
■第5位:バーチャルボーイ
 サターンなどが登場した後に発売されましたが、赤と黒という画面の見た目の悪さや、
 180ドルという価格が嫌われて77万台ほどしか売れませんでした。
■第4位:CD-i
 マルチメディア機器のようですが、ごくわずかな数のゲームソフトが出ていたらしい。
■第3位:Atari Jaguar
 64ビットの能力を持ったグラフィックスカードを搭載した32ビットマシンで、250ドルで
 発売されましたが、売れたのはわずか25万台だそうです。
■第2位:スーパー32X
 またもメガドライブ用周辺機器のスーパー32X。日本ではプレステと同日に発売。
 北米ではあろうことかセガサターンの足を引っ張って共倒れに。
■第1位:ピピンアットマーク
 アップルとバンダイが協力して作ったゲーム機でしたが、高価なハードだったこと、ろくな
 ゲームが出なかったことなどにより、5万台程度で生産が打ち切られました。(一部略)
 http://news.livedoor.com/article/detail/3148699/

記事内より自分が過去購入したハードを、ピックアップしてみました。

第8位:セガサターン
第7位:メガCD (売却)
第6位:3DO (売却)
第5位:バーチャルボーイ
第2位:スーパー32X

げっ! 半分買ってしまったorz  もっとも、ここ数年のハードは、PS2しかありません。

|

« 【海外】凶暴な黒猫の居る家への郵便配達を中止【カナダ】 | トップページ | スーパー万引き犯に「見せしめの刑」 米アラバマ州 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世界で特に売れなかったゲーム機」ワースト10、それぞれの分析:

« 【海外】凶暴な黒猫の居る家への郵便配達を中止【カナダ】 | トップページ | スーパー万引き犯に「見せしめの刑」 米アラバマ州 »