« 本日 献血デーです(出撃は無しw) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアンは中国をバカにしている!? 当局が一部をカット »

2007年6月18日 (月)

1992~1996年に就職した会社員の大部分で、学生時代の国民年金記録の統合漏れ

ここ最近、年金記録問題で揉めておりますが 下記の記事を読むと人事ではありませんよ!


★92―96年入社社員の年金、学生時代の分で統合漏れも

 4年制大学を卒業して1992―96年に就職した会社員の大部分で、大学時代の国民年金の
加入記録が基礎年金番号に統合されていないことが明らかになった。学生時代に払った
国民年金の記録が、就職後に加入した会社の厚生年金の記録につながらず、
約5000万件のさまよう年金記録の一部になっている。

 該当者は社会保険事務所に出向いて手続きをしないと、将来の年金受取額が減ることになる。

 91年4月から20歳以上の学生にも国民年金への加入が義務付けられた。
収入のない学生に代わって親などが払う例が多かった。この学生が卒業後に会社員になって
厚生年金に入ると国民年金とは別の年金番号が付き、二つの年金記録が分断されたままになった。(07:02)

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070618AT3S1503817062007.html


本当にいい加減だな!!  
今まで無駄使いしやがって、今月の給料から天引き保険代を引き上げるらしいのですが、その前に 削るべき事があるだろうかと!!

また、追い討ちを掛けるように 京都府知事よりこんな話がwww

★「年金記録不備、私も被害者」  山田京都府知事、2年間未納扱い

 京都府の山田啓二知事は17日、京都市内で開かれた民主党の集会で、
社会保険庁の年金記録不備問題について「私自身も『被害者』だった」と話した。
自治省から高知県財政課長に出向していた1989年から91年までの
2年間が未納と扱われていたが、後に給与記録を証拠に示して訂正させたという。

 2004年に政治家の年金未納が問題になったことを受け、山田知事は
社保庁に自身の年金記録を照会し、「2年間が未納」とされていたことを知った。

 山田知事は「当時は特異なケースだと思っていたが、
今思えば、あれは(社保庁では)当たり前のことだった」と指摘。

 「自治体トップは住民訴訟で責任を追及されるが、
歴代社保庁長官にそんな仕組みはなく、中途半端な世界だ。
無責任な公務員が多く、正さないといけない」と話した。

京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007061800014


果たしてどうなるのでしょうか? 

|

« 本日 献血デーです(出撃は無しw) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアンは中国をバカにしている!? 当局が一部をカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1992~1996年に就職した会社員の大部分で、学生時代の国民年金記録の統合漏れ:

» 社会保険庁の国民年金について [社会保険庁 年金問題★社会保険庁 国民年金 年金相談 年金照会 年金確認 年金記録]
社会保険庁の国民年金、社会保険庁の年金相談、年金確認、年金照会など社会保険庁の国民年金情報をお探しの方へ。まずはじめに社会保険庁の国民年金の概要をご紹介します。(wikipediaより)国民年金(こくみんねんきん)とは、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、老齢・障害・死亡の保険事故に該当したときに基礎年金を支給する公的年金制度である。概要国民年金(こくみんねんきん)は、日本国憲法第25条第2項「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及...... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 21時42分

« 本日 献血デーです(出撃は無しw) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアンは中国をバカにしている!? 当局が一部をカット »