« 【BLITZEN】ルームミラー・モニター導入 | トップページ | 【徳島】写真の少女 今どこに? 22年前に現像取り違え »

2007年7月 4日 (水)

【北海道】野生のゼニガタアザラシ「コロちゃん」、見物客のマナーの悪さに怒りの噛み付き攻撃 50代女性が負傷

コロちゃん怒ってガブリ! 人気のゼニガタアザラシ触ろうとして 豊頃(07/04 00:19)
 
【豊頃】十勝管内豊頃町の大津漁港付近に四年前から居座るゼニガタアザラシが見物人をかみ、豊頃消防署が救急車を出す騒ぎがあった。昨年、テレビや週刊誌で紹介され、人気が沸騰。
「野生のアザラシに触れる」と道外からの客もどっと押し寄せた。
「コロちゃん」と呼び、ペットのように扱った人間たちへの、手痛いしっぺがえしだ。

かまれたのは同管内の五十代の女性。六月三十日朝、海から上がってきたアザラシを手で触ろうとし、胸をかまれ、つめで手足を引っかかれた。いずれもかすり傷。
アザラシによるけがで救急車が出たのは初めて。

近づいても逃げない、ほえない。「人懐っこい」と思われ、見物行為は徐々にエスカレート。
棒でつつくたたく、子供をアザラシの背中に乗せて記念撮影する人も出て、見かねた同町が昨年八月、「アザラシはサケの頭を食べてしまうほど強い歯を持っている」と書いた看板を立てたが、足で体を押したり、犬をけしかける、悪質なマナーが散見されたという。

帯広畜産大時代からゼニガタアザラシ研究グループで活動する藤井啓さん(29)=同管内新得町=によると、アザラシは本来憶病で、人に寄ることはない。「大津のアザラシは特殊な個体だが、不安を感じれば身を守ろうと反撃する、野生動物として当たり前の行動をとっただけでは」と話す。
おたる水族館は「病気のアザラシの治療以外、職員も触ることはまずない。
アザラシが嫌がるし、危険」と戒める。

けが人がまた出れば、「自己責任」とはいえ同町も対策を取らざるを得ない。
同町産業課担当者は「至近距離で見られるせっかくの環境が、不用意な行動で壊されるのが心配。遠くで見守って」と話している。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/35968.html

いくらかわいくても、野生と言う言い方も変な話ですが、 自然界に生きている動物を素手で触るのはどうかしていませんか?

普通 野生のアザラシは、下記の様な物ですよ!

Photo_115 このように獰猛です。

Photo_119 ましては、この様な たて看板 もあります。

実際の コロちゃん は、どの様な感じなのですかね????

    ・

Photo_117 かわいいじゃないかw

しかし、いくら可愛いとは言え、

棒でつつくたたく
子供をアザラシの背中に乗せて記念撮影
足で体を押す
犬をけしかける

等は論外です!

しかし、コロちゃんも優しい性格ですよね。。  
良く今まで我慢したよつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今後 「例:五十代の女性」が来たら、迷わず 頭から行くか、クソガキを背中に乗せられたら海に引きずり込んでもいいよ~ 

|

« 【BLITZEN】ルームミラー・モニター導入 | トップページ | 【徳島】写真の少女 今どこに? 22年前に現像取り違え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【北海道】野生のゼニガタアザラシ「コロちゃん」、見物客のマナーの悪さに怒りの噛み付き攻撃 50代女性が負傷:

« 【BLITZEN】ルームミラー・モニター導入 | トップページ | 【徳島】写真の少女 今どこに? 22年前に現像取り違え »