« 【米国】ジェットエンジン搭載トイレが爆走、その最高速度は…(画像有り) | トップページ | ジョギング中の携帯音楽プレーヤー、イヤホンに落雷の危険性 »

2007年7月11日 (水)

旧日本軍がアメリカに飛ばした風船爆弾の映像発見、361発がちゃんと到達

第2次世界大戦末期、日本軍が米本土に向けて飛ばした紙製風船爆弾の映像を、
平和学習に取り組んでいる今治明徳高矢田分校の藤本文昭教諭(43)が、
米国メリーランド州の国立公文書館の資料から見つけた。米軍が撮影したとみられる。
同爆弾は秘密裏に作られたため資料自体少なく、残存する本体映像は極めて珍しいという。

Bom

藤本教諭らによると、紙製風船爆弾は終戦間近の1944年秋から45年春にかけ、
日本軍が米本土攻撃用に開発した秘密兵器で、宇摩地方など県内でも多数製造された。
「コウゾ」を原料とした和紙を張り合わせた直径約10メートルの気球に水素を入れ、
焼夷(しょうい)弾などをつるし、偏西風を利用して攻撃した。

風に乗ると、米本土まで約2日半で到達。約9000発を放ち、1割余りが届いたと推測され、うち実際に361発が米国で確認されたとの記録が残る。
大きな戦果は挙げられなかったという。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20070711/news20070711279.html

以前話では聞いていましたが、到達率の高さに驚きました。
恐らく、 北朝鮮のミサイルより精度が高いのでは?w

|

« 【米国】ジェットエンジン搭載トイレが爆走、その最高速度は…(画像有り) | トップページ | ジョギング中の携帯音楽プレーヤー、イヤホンに落雷の危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧日本軍がアメリカに飛ばした風船爆弾の映像発見、361発がちゃんと到達:

« 【米国】ジェットエンジン搭載トイレが爆走、その最高速度は…(画像有り) | トップページ | ジョギング中の携帯音楽プレーヤー、イヤホンに落雷の危険性 »