2007年4月25日 (水)

【芸術は】尿を素材にせっけん、身体感問う【爆発だ】

 京都市中京区三条通木屋町東入ルの立体ギャラリー射手座で、日付を刻印した白く大きなせっけん7個と、1週間分の食料の包装紙などが展示されている。せっけんは、作家自身の尿を配合した「天然素材」。観客は持ち帰り実際に使うこともできるという。

Photo_94 尿で作った石鹸

 身体をテーマに制作してきた京都市立芸術大学院生伊東宣明さん(25)の作品。不衛生とされるものから、清潔にするためのせっけんを作ることで、アイロニーを込めて身体観を問うている。
 愛犬の死で感じた「身体の不在ゆえに、存在を感じ、信じることができる」がモチーフと伊東さん。「BODY SOAP」と題し29日まで。


芸術は奥が深い・・・・・
ましてや、 (尿素配合)と今風ですwww
石鹸は自作可能ですので、是非 尿素配合の品を作成してみてはいかが?( ´,_ゝ`)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

「京ものファンクラブ」会員募る  京都市、伝統工芸店などで特典

 京都市は、年会費1000円で西陣織や清水焼など京都の伝統産業製品の購入時に最大3割の割引特典が受けられる「京ものファンクラブ」を創設、2007年度の会員募集を始めた。区役所や市観光案内所などで入会申込書を配布している。来年4月にサービスを開始する。

 京都の伝統産業の魅力を全国に発信し、需要拡大を図るのが目的。市内の伝統工芸品の各専門店や、美術館のほか、宿泊施設や飲食店など計約240施設で、会員カードを提示すれば、料金割引や記念品プレゼントなどの特典が受けられる。
P2006112000150 

 工芸品の製作体験教室への優待や呉服店が着物の着崩れを無料で直すサービスもある。また伝統産業に関するイベント情報などを紹介する会報を年3回送付する。

 市は3年間で会員数1万人を目標にしており、「製作体験の割引特典なども活用して『京もの』の魅力を堪能してほしい」(伝統産業課)としている。問い合わせは京ものファンクラブ事務局Tel:075(762)2670。

ソース:京都新聞
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2006112000150&genre=I1&area=K10&mp=

京ものファンクラブ 公式サイト
http://www.kyomonofunclub.jp/

詳細はまだ調べていませんが、少なくとも 女性が入会するのであれば 

「着崩れを無料で直します」

だけで元が取れると思います。 個人的には、お寺の拝観料割引に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

京都・観光文化検定 講習会  を受講してきました

12月10日に、 「京都・観光文化検定」が開催されます。

本日、試験直前の講習会がありましたので参加しました。
今週は、風邪が凄まじく悪化した為 会社は半分以下しか行っていません。
まあ なんとか風邪は治まったので、良かったです。

が・・・

10:00~11:00 京都の歴史・史跡
11:00~12:00 京都の神社・寺院①
13:00~14:00 京都の神社・寺院②
14:00~15:00 京都の神社・寺院③
15:00~16:00 京都の芸術・文化
16:00~17:00 京都の生活・行事①
17:00~18:00 京都の生活・行事②/京都の自然・観光

と病み上がりには、ヘビーなスケジュールですΣ(´д`;*)

さすがに受講料は自腹ですので、真剣に取り組みましたよw
もっとも、内容は非常に興味がありますので 時間はあっという間でしたが!
ノートに受講内容を書き込んだのですが、A4ノートは半分も使用とは・・・ 結構びっくり。

でも正直、合格できるかどうかは別問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

奇祭「ケベス祭り」 白装束の20人がケベスと激しくもみ合い…大分・国東市

 国の選択無形民俗文化財になっている奇祭「ケベス祭り」が14日夜、
大分県国東市国見町古江の岩倉八幡社であり、参拝客らが勇壮な
奉納火踊りを楽しんだ。

 境内で御神火(ごじんか)がたかれる中、太鼓や笛、かねの音に導かれ、
奇妙な面を付けたケベスが練りながら登場。トウバと呼ばれる白装束の
20人が、火に飛び込もうとするケベスと激しくもみ合い、火のついたシダ
の束を参拝客の頭上で振りながら走り回った。

 舞い上がった火の粉を浴びると、五穀豊壌(ほうじょう)と無病息災が
かなうとされ、境内は火の粉を求める参拝客らの悲鳴と歓声に包まれた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061015k0000m040094000c.html

一応お断りしますが、 「スケベ」では無く 「ケベス」です。
まんまと引っかかったなw(´∀`)9 ビシッ!

まあ、「おこと教室」 と 「おとこ教室」を見間違える程度でしょうか?!

ちなみに 「ケベス祭り」とは・・・

 国見町古江の岩倉八幡社で行われる奇祭「ケベス祭り」。起源も意味も全く不明で、奇々怪々な面を付けたケベスと白装束のトウバ(当番地区)たちが火の争いをします。燃え盛るシダの山を守るトウバと、そこへ突進するケベスの格闘が何度か繰り返され、9度目にケベスは火の中へ突っ込みシダをまき散らします。最後は、ケベスを阻止したトウバまでが一緒になって火のついたシダを持ち、境内を走り回り見物人を追い回します。その火の粉を浴びると、一年間無病息災といわれています。
 神社を祭る10カ所の集落が毎年交代であたる当番の集落や住人たちのことを「トウバ」といい、祭の主役であるケベスになれるのは盛年男子だけで、10集落なので10年に1度しか回ってこないため、ケベスに選ばれることは一生に一度の名誉ともいえます。当日は海での禊(みそぎ)をすませ、甘酒で門出の杯を交わし、宮司がケベスの背中に勝利の「勝」の字を指で記すと、祭の幕が開きます。現在も古式ゆかしい祭典が催されており、県指定無形民族文化財になっています。
http://www.todays.jp/cgi-bin/matsuri/detail.cgi?matsuri_no=166
Kebes

未だに「スケベ」と読んでしまわれる方には、今回特別に「スケベ」な祭りを紹介します。
田縣神社豊年祭 
写真はあえて掲載しません。 興味が有る方は、リンク先へどうぞ (´,_ゝ`)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

(京都発)夏の終わりを告げるイベント「地蔵盆」

長い夏休みも終わりにさしかかった頃に、最大で最後のイベント「地蔵盆」が各地域で行われます。
みなさんは、この「地蔵盆」についてご存知ですか?
私が住む阪神間でもこの時期になると、近所にまつっているお地蔵さんがおしゃれに
着飾ってもらっています。

地蔵盆は京都生まれで、近畿地方の行事として古くから行われてきました。
また、北陸地方や新潟、信州では長野市周辺で盛んに行われていますが、
東海や関東には、ほとんどないそうです。
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20040810A/index.htm
(All Aboutより http://allabout.co.jp/ )

うむ~ 上司に聞いて知りましたが、当方関東出身なので初耳です。
幸い近所で行っていたので行ってみました。

場所は「徳林庵」ですが、道中(旧三条通り)が激混みw
とりあえずお参りです。
P1020665 P1020666 P1020667

本当は周辺も撮りたかったのですが、今のご時世ですと

出歯亀 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E6%AD%AF%E4%BA%80

と勘違いされますからね(爆)

また周辺で、地元の方による
第23回 平和のための戦争展 を開催していました。
主に、核廃絶を訴える内容で 広島・長崎関連のパネルの表示が主です。
下記は、

リトルボーイ(1発目)の目標が京都! 

であった説明です。
P1020668 いつも自転車で動いている範囲が、壊滅ゾーン。

また気なる物がありました。

当時の教科書に載っていた物だそうですが

P1020669 マニアな方へのサービスです。

あえてコメントは避けますが、下記を思い出しましたw
http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/nanka.swf

今回の地蔵見て思い出したのですが、
百井峠の地蔵 http://blitzen.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_a075.html
も本日は人が多いんですかね~
もっとも、余り多いと「酷道」が「地獄道」になるかと(爆)

(参考)京都の8月の行事
http://www18.ocn.ne.jp/~kaze001/kyoto_gyouji/2006_08_gyouji.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

大阪のお祭り(天神祭)

今日仕事を早めに切り上げてw、同僚と行ってきました。

天神祭
http://www.naniwa-bunka.com/
http://www.tenjinsan.com/tjm.html

①天満橋より、市民花火船を見る
うはwwwめちゃくちゃ混んでいるw
本日テレビ大阪で中継しているので、TVで見た方が楽かもw P1020062_2

P1020059   


②大阪天満宮
http://www.tenjinsan.com/
おおーいかにも、お祭なのでいいですね! これは行った者しか判らないですね。

③餃子専門店「味奉行」
http://www.jin.ne.jp/ajibugyo/
店長も面白いのですが、味もgood。 店長は(GSブーム)の頃からバンド活動している様で、今までの歴史を店の入り口に飾っています。
P1020064


注意
http://www.kansaidoyukai.or.jp/yakei/100kei/matsuri/html/90.html
本来 19時~22時は、上記の花火大会ですが この時間は飲んでいたw

オマケ
下記は、ニュースでもやっていた(ギャルみこし)だw
http://www.galmikoshi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

平日ですが(晴明神社・首途八幡宮)

本日業務の関連で、外出になったので ドサクサに(謎)

①晴明神社(陰陽師で有名な、安倍晴明を祭っている)
http://www.seimeijinja.jp/

Photo
昨日は敦賀の方にいったのですが、本日は京都の本家です。
やはり 陰陽師(漫画&映画)のおかげか? 客層は、若いねーちゃんしかいません。 
ましてや、野郎(オ○ジ)は当方だけかとΣ(´д`;*)
いつも写真は撮るのですが、このご時世デバガメ(この言葉を知っている、貴殿は歳がばれますなw)と間違われてはまずいので、撮れませんでしたw

お参りをする際
(二拝二拍一拝・・ただし深くお辞儀はしていないw)
なんて余計な事をした為、注目を浴びてしまった(爆)

*ここを参照! http://www.u-kan.jp/haiden.htm

また現地で魔除けを購入したのですが、タレントショップみたいな雰囲気ですw 大阪の方はもっと凄いらしい(謎)

②首途八幡宮(義経ゆかりの旅行の神様)
http://www.nishijin.net/kadodehachimangu/ P1000077 P1000078
さすがに、若いギャルはいません(爆) と言うか、誰もいません。
こちらの由来としては、
「源義経が奥州平泉に赴くに際し、道中の安全を祈願して出立したといわれる。「首途(かどで)」とは、「出発」の意味で、以来この由緒により「首途八幡宮」と呼ばれるようになった。この故事により、特に旅立ち、旅行の安全の信仰を集める。」 です。

まあ、旅の神様と言うことです。 毎週 BLITZENまたは自転車で(出撃)しているので、今まで行かなかったのが惜しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

祇園祭りの山鉾曳舁初め ~祭だワショーイ~

現在京都は、祇園祭り・前夜祭の雰囲気でにぎわっています。

祇園祭りhttp://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/gionmaturi.html

昨日・今日のイベントとしては、山鉾曳舁初め になります。 

それって何?との方は、下記の動画を見てもらった方が話が早いかと(手抜き?)

 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/movienews/2006/digest/20060712gion_hokohikizome.html 

初め近寄ろうと思いましたが、かなりの人が(泣)   しかし次第に我慢できなくなりましたwP1010879P1010885_1 P1010894 P1010896

これで終わりと思ったら、大間違い(謎)

今は、本番前の(試し曳き)ですので 一般でも曳けるのです!!

P1010898_1写真は、曳きながら撮っています(笑)

P1010904_3 P1010907_3憶では、3回曳いたのですが 気温のせいもあり メチャクチャ汗をかきましたね~ 特に後半は、 山鉾のそばで曳いたので 迫力があります。特に、車輪がきしむ音が聞こえたり、山鉾が電線にかすりそうになったり! ちなみに、ちびっ子大集合の為列に加わるのはためらいましたが、せっかくなので(隙間)を見つけドサクサに参加w  その後、(山鉾曳舁初め)に参加した人に、参加賞のお菓子が振る廻れました♪ いやーこの歳で、お菓子をもらうと何故か新鮮です(爆)

1時間経過したので、個人的には観光がてら撤収に図ります。

祇園祭り中は、1部地域に車の進入ができないので 写真の様な可哀想な物が・・P1010922  まだオープン間もないのでしょうか(´・ω・`)カワイソス

また途中に、船型の山鉾もありました。P1010925

もっと先に進むと、なにやら人だかりが・・・P1010930  地元の小学生による踊りでした。 皆がんばっていますね~ この手の踊りは、個人的に(出れるのなら、やりて~)と本当に痛感します。

道中 出店というか、道沿いの各種問屋さんで 安売りを行っています。 ここでは、 扇子(ケース入り)を 500円でGET! 個人的に毎年扇子は買うのですが、ふざけて 開いたり、叩いたり(?)しているので壊して今は無いのです。 丁度良かった♪

あれ~ 今日はなんだか疲れが・・・・・

1日の動きを良く考えると、

①朝起きて、洗車&WAX掛け (メチャクチャ暑いので、汗が凄い) ②買い物&クリーニング屋 ③京都駅そばの献血ルームで、成分献血 ④道中、結果的に、烏丸御池~京都まで歩く結果 ④買い物

こりゃ疲れる訳だ ←βακα..._φ(゚Д゚ ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)