2007年4月12日 (木)

(単行本)ザ・スターリン伝説―スキャンダル・スクラップ集(1981‐1985)

本日点滴を打ちに総合病院へ行ってきたのですが、殆ど病院へ行かない身としては 
患者(客)の数が凄すぎてΣ(゚Д゚;ビックリ
まあ点滴だけなので、待ち時間も多少で済みましたが 明日も行くとなるとう~む・・・

さて本題です。
自宅へ戻りましたら、数日前に注文していた本が届いていました。

「ザ・スターリン伝説―スキャンダル・スクラップ集(1981‐1985)」

そうです。あのスターリンの本です。
スターリンは高校時代では聞いていましたが、流石に今は聞きませんねw
ヤフオクで以前から、半額でなら買ってみるか?と考えていましたが 毎回定価超え! 古本で探しても、5000円以上!
初版は2004年なので、流通在庫があるだろうと調べたらあったので注文した次第です。

内容は、当時の雑誌の採録ですが 結構笑えます。
またこの本の目玉は、
(1983年のメジャーデビュー前に、TV埼玉のTVライブ)
がDVDで付録で付いてくるのです。

見てみると、
*本編には収録されていませんが、テロップを見る限り 他の出演者は 
葛城ユキ&ソルティドッグ(まさにボヘミアンの頃)・タンゴヨーロッパ 
とえらい時代を感じさせます(爆)
*客層が明らかな一般人で、ドンビキw 途中イヤイヤ手拍子w
*エンディングで、ミチロウがダイビングをするも 観客が嫌がっているw
St 解剖室を熱唱するミチロウ
Std ドンビキの観客

と貴重な映像です。

予備知識も無く、
「解剖室は空いたか? バラバラになって早く出ろ」
「ホラ*3 お前の番だ♪」
をやられたら、ドンビキするのは予想できる中良くTVに出しましたね~
(当時のライブハウスの行いを考えると・・・)
流石 テレビ埼玉! 

まあ興味がある方は、下記でもどうぞw

~おまけ~
http://www.youtube.com/watch?v=POVovTTrBRs で全部見れます。
ザ・タイマーズ 偽善者(FM東京)
http://www.youtube.com/watch?v=X6jPPidpnK8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

【新技術】テレビ音量を均一化 ドルビーが人間の耳の機能をモデルに新技術「ドルビー・ボリューム」を開発

★TV音量を均一化~ドルビーが新技術を開発

 オーディオ技術開発の先駆者であるドルビー・ラボラトリーズ(サンフランシスコ)は
このほど、テレビのチャンネルや番組、CMの音量を均一にする「ドルビー・ボリューム」と
呼ばれる新技術を開発した。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、既存のテレビはチャンネルや番組、
CMによって音の大きさが異なり、不快感を感じる人もいる。
 政府は放送音量の上限を規定しているが、番組など制作者の中には目立つよう
他の番組より音声が大きく聞こえる技術を使う例があるほか、チャンネルによって
音量に対する価値基準が異なっていたり、機材が適切に作動されない例もある。

 この問題を解決しようと、これまでも独自技術を使って挑戦した企業もあった。
しかし、その技術自体が騒音を生むという問題があった。
 ドルビーの新製品は、デシベル単位で測定される音波エネルギーだけでなく、
音の高さや音質によって音の大きさの変化を感知する人間の耳の機能を
モデルにして新技術を生み出した。
 同社は、まずより正確に音の大きさを測定する方法を開発し、それに対応して
音量を変え制限する技術を編みだした。
 今後の目標は、半導体やテレビ・メーカーなどに同技術を売り込むことで、
独自の音量均一化機能を持つ半導体を開発したシーラス・ロジック
(テキサス州オースティン)との提携もあるのではないかと考えられている。

U.S.FrontLine http://www.usfl.com/Daily/News/07/01/0111_010.asp?id=52112

深夜など CMの音が大きく、わずらわしい事が多いので こういう技術は大歓迎です。
もっとも、いたちごっこの様な気もしますが?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ジェームス・ブラウン氏死去

「ゲロッパ!」でおなじみのジェームス・ブラウン。「ゴッドファーザー・オブ・ファンク」や「ファンク/ソウルの帝王」など、
彼についた冠詞は数限りなく、起こした事件も数知れない。
その「帝王」が、本日亡くなられました。73歳。

非常に悲しい出来事の為、下記の様に報道されています。

'Godfather of Soul' James Brown dies

http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/16315334.htm
http://news.google.com/nwshp?ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=en&tab=wn&q=James%20Brown


では、J・B氏の生涯を振り返ってみましょう。


サウスカロライナ州バーンウェル生まれ(1928年、テネシー州プラスキ生まれ説もある)。ファンク界の帝王とも呼ばれ、20世紀の最も重要な音楽家の1人に数えられた。歌手、ダンサー、そしてバンドのリーダーとして有名であり、1960年代から常にポピュラーミュージックに影響を与えつづけてきた。
Jb3 

ジャズ音楽家のマイルス・デイヴィスは彼の影響を受けたと告白しており、ヒップホップが広まるにつれ、彼のリズムの使い方が数多くの歌のインスピレーションになっており、その他ハウス音楽などダンス音楽全般において彼とそのバンドのリズムパターンが使用、引用されている。代表曲『Get Up (Sex Machine)』はあまりにも有名。

自身のバンドを J.B.'s と称しており、そのサックス奏者メイシオ・パーカー (Maceo Parker) は絶大な人気を誇っている。

なお、2004年1月28日に妻に対するDV(俗に言う「家庭内暴力」)の疑いで逮捕された。また、1990年頃にも麻薬関連で事件を起こし、一時期服役していた。
Jb2 

だが、彼を慕う人々は多く、独特の歌い方・圧倒的な声量・軽やかなステップとまさに持って生まれた天性の素質を活かしている。アメリカンフットボール最高峰NFLのチャンピオン決定戦やスーパーボウルのハーフタイム、『ロッキー4/炎の友情』に出演した事もある。

また、驚異的な記憶力で知られており、無名時代からの世話になったDJや関係者の名前などを覚えており、相手はどうせ忘れているだろうと思っていたら、JBがフルネームで覚えており「あの時はありがとう」と言ったなどという逸話が残っている。

2006年12月25日、ジョージア州アトランタの病院にて肺炎のため死去。享年73。
Jb 

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3" より作成

http://www.youtube.com/watch?v=bs1HUbMCZKc
I feel good

http://www.youtube.com/watch?v=CkGg3XkN80U
sex machine

PS 余りにもショックな為、これから ブルースブラザースでもみますか・・・
昔々 90年代 ジュリアナ東京が全盛期 「JAMES BROWN IS DEAD 」という曲が流れまくっていたが、
それが現実になるとはorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

七味缶のMP3プレーヤー「八幡屋礒五郎 MP3 PLAYER 音楽缶」

七味缶のMP3プレーヤー「八幡屋礒五郎 MP3 PLAYER 音楽缶」発売

「音楽缶」は善光寺名物である当社の七味唐からし「中辛」缶をそのまま使用し、上蓋、底に穴をあけ缶内にリチウムポリマー充電池による MP3 PLAYER を納めました。見た目は普通の唐からしの缶、ここにネックストラップと一体となったヘッドホンをつけた、他にはない MUSIC PLAYER の誕生です。
この七味唐からしの缶には唐辛子の図柄と善光寺が描かれております。このブリキ缶に思い入れのあるお客様も多く、味に劣らないほどの人気をいただいており、いわば八幡屋礒五郎の顔ともいえるものです。

▼商品の特徴
・「中辛缶」をそのままMP3 PLAYER のケースにしました。
・ブリキ製で深みのあるデザインの缶から、60曲※1を聴くことができます。
・ヘッドホンもコーポレートカラーである赤を使ったネックストラップとの一体型であり、使い方も簡単です。
・128MBのフラッシュメモリー、リチウムポリマー充電池を使用しています。

発売:八幡屋礒五郎  価格:8800円  発売:11月3日

Mp3_pack1 ←商品パッケージです。 

気になる商品のアップですが、

Mp3_pack2 結構小さいですね。

Mp3_pack3 裏面は、こんな感じです。

デザインも レトロ風味とかなり唸らせます。

個人的には、以前あった チョロQの携帯プレーヤー を思い出させます。

写真はこれです。Mp3
1回も使っていないので、買わなければ良かったw

チョロQ の形では、「いかにもチョロQ」なので 微妙でした。。
今回の七味缶の方が、良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)